[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

man【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointマニュアルを表示するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

man【コマンド】とは

マニュアルを表示するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

「man」コマンドコマンドライン上からマニュアルを表示するときに使うコマンドです。

man

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

書き方は

man [オプション] [セクション] [対象]

です。
オプションは、うんざりするほどあります。

オプション説明
-C【ファイル】指定した設定ファイルを使用する
Use this user configuration file rather than the default of ~/.manpath.
--config-file=【ファイル】指定した設定ファイルを使用する
Use this user configuration file rather than the default of ~/.manpath.
-dデバッグメッセージを表示する
Print debugging information.
--debugデバッグメッセージを表示する
Print debugging information.
-Dうんちゃらかんちゃら
This option is normally issued as the very first option and resets man's behaviour to its default. Its use is to reset those options that may have been set in $MANOPT. Any options that follow -D will have their usual effect.
--defaultうんちゃらかんちゃら
This option is normally issued as the very first option and resets man's behaviour to its default. Its use is to reset those options that may have been set in $MANOPT. Any options that follow -D will have their usual effect.
--warningsうんちゃらかんちゃら
Enable warnings from groff. This may be used to perform sanity checks on the source text of manual pages. warnings is a comma-separated list of warning names; if it is not supplied, the default is "mac". See the “Warnings” node in info groff for a list of available warning names.
-fwhatis」コマンドと同じ
Equivalent to whatis. Display a short description from the manual page, if available. See whatis(1) for details.
--whatis「whatis」コマンドと同じ
Equivalent to whatis. Display a short description from the manual page, if available. See whatis(1) for details.
-fapropos」コマンドと同じ
Equivalent to apropos. Search the short manual page descriptions for keywords and display any matches. See apropos(1) for details.
--apropos「apropos」コマンドと同じ
Equivalent to apropos. Search the short manual page descriptions for keywords and display any matches. See apropos(1) for details.
-K 【文字列】指定文字列を全てのマニュアルから検索する。結構遅いから気を付けてね
Search for text in all manual pages. This is a brute-force search, and is likely to take some time; if you can, you should specify a section to reduce the number of pages that need to be searched. Search terms may be simple strings (the default), or regular expressions if the --regex option is used.
-global-apropos 【文字列】指定文字列を全てのマニュアルから検索する。結構遅いから気を付けてね
Search for text in all manual pages. This is a brute-force search, and is likely to take some time; if you can, you should specify a section to reduce the number of pages that need to be searched. Search terms may be simple strings (the default), or regular expressions if the --regex option is used.
-lローカルモードとやらで、うんちゃらかんちゃら
Activate `local' mode. Format and display local manual files instead of searching through the system's manual collection. Each manual page argument will be interpreted as an nroff source file in the correct format. No cat file is produced. If '-' is listed as one of the arguments, input will be taken from stdin. When this option is not used, and man fails to find the page required, before displaying the error message, it attempts to act as if this option was supplied, using the name as a filename and looking for an exact match.
--local-fileローカルモードとやらで、うんちゃらかんちゃら
Activate `local' mode. Format and display local manual files instead of searching through the system's manual collection. Each manual page argument will be interpreted as an nroff source file in the correct format. No cat file is produced. If '-' is listed as one of the arguments, input will be taken from stdin. When this option is not used, and man fails to find the page required, before displaying the error message, it attempts to act as if this option was supplied, using the name as a filename and looking for an exact match.
-wマニュアルは表示しないで、マニュアルのある場所を表示する
Don't actually display the manual pages, but do print the location(s) of the source nroff files that would be formatted.
--whereマニュアルは表示しないで、マニュアルのある場所を表示する
Don't actually display the manual pages, but do print the location(s) of the source nroff files that would be formatted.
--pathマニュアルは表示しないで、マニュアルのある場所を表示する
Don't actually display the manual pages, but do print the location(s) of the source nroff files that would be formatted.
--locationマニュアルは表示しないで、マニュアルのある場所を表示する
Don't actually display the manual pages, but do print the location(s) of the source nroff files that would be formatted.
-Wやばい
Don't actually display the manual pages, but do print the location(s) of the cat files that would be displayed. If -w and -W are both specified, print both separated by a space.
--where-cat書くのが
Don't actually display the manual pages, but do print the location(s) of the cat files that would be displayed. If -w and -W are both specified, print both separated by a space.
--location-cat面倒になってきた
Don't actually display the manual pages, but do print the location(s) of the cat files that would be displayed. If -w and -W are both specified, print both separated by a space.
-?ヘルプを表示する
Print a help message and exit.
--helpヘルプを表示する
Print a help message and exit.
--usage簡易ヘルプを表示する
Print a short usage message and exit.
-Vバージョン情報を表示する
Display version information.
--versionバージョン情報を表示する
Display version information.

などですね。
他にもオプションはいろいろあります。
途中で書くのが面倒くさくなったので、全部書くのは諦めました。ごめんなさい。
あとは

man man

を実行して、頑張って英語を読んでください。
オプションはコンピュータの種類によって多少変わるようです。

オプションは多いですが、使い方は難しくありません。
オプションを何も指定しないで

man ls

のような形で実行すれば、基本的には事足ります。
ちなみに、上記のコマンドを実行すると「ls」コマンドのマニュアルが表示されます。

オプションを指定したくなる機会は多くないはずです。
必要なときに必要な分のオプションを勉強すれば十分だと思います。

あと補足するとすれば、セクションでしょうか。

「man」コマンドで読めるマニュアルには区分があります。
一般的な区分は以下の通りです。

区分意味
1普通のコマンド
Executable programs or shell commands
2システムコール
System calls (functions provided by the kernel)
3ライブラリの関数
Library calls (functions within program libraries)
4スペシャルファイル
Special files (usually found in /dev)
5ファイルの形式とか書式
File formats and conventions eg /etc/passwd
6ゲーム
Games
7なんか、いろいろ
Miscellaneous (including macro packages and conventions), e.g. man(7), groff(7)
8システム管理用のコマンド
System administration commands (usually only for root)
9うんちゃら
Kernel routines [Non standard]

このマニュアルの区分を「セクション」と言います。

例えば「crontab」というコマンドがあります。
私の環境では「crontab」のマニュアルは2つありました。

それは

1.「crontab」コマンドの使い方のマニュアル
2.「crontab」コマンドで編集するファイルの書き方のマニュアル


の2つです。

「1.」は普通にコマンドの使い方のマニュアルです。
区分は「1:普通のコマンド」でしょう。

「2.」は編集するファイルの書式に関するマニュアルです。
区分は「5:ファイルの形式とか書式」になります。

ちょっとカッコつけて表現すると

「crontab」のマニュアルはセクション「1」とセクション「5」にある

となります。

そして「man」コマンドを実行する際には、セクションを指定できます。
例えば

man 1 crontab

を実行したとしましょう。
そうすると、セクション「1」のマニュアル、つまり「crontab」コマンドの使い方のマニュアルが表示されます。

同じ要領で

man 5 crontab

を実行したとしましょう。
そうすると、セクション「5」のマニュアル、つまり「crontab」コマンドで編集するファイルの書き方に関するマニュアルが表示されます。

これが「man」コマンドにおけるセクションです。

マニュアルを読んでいて、例えば

cron(8)

のような記述を見たことはないでしょうか。
このカッコの中の数字が、セクションを表現しています。

cron(8)



「cron」はセクション「8」に分類されるよ

を表現しています。

ですから、cronのマニュアルを見たければ

man 8 cron

を実行します。
セクション「8」にある「cron」のマニュアルを表示しろや!な指定です。

なお、セクションの指定は省略可能です。
省略した場合は、1から順番に探してくれます。
マニュアルが複数ある場合は、より番号の若いセクションのマニュアルが表示されます。

man 8 cron

ではなく

man cron

でもマニュアルが表示されるのは、コンピュータさんが

man 1 cron
man 2 cron
man 3 cron
man 4 cron
man 5 cron
man 6 cron
man 7 cron
man 8 cron
man 9 cron

を順番に実行してくれているからです。

man 8 cron

を実行したときに「cron」のマニュアルが見つかります。
そこで切り上げて、見つけたマニュアルを表示してくれています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「man」ってコマンドが出てきたら「マニュアルを表示するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク