[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

manpath【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

point「man」コマンドで表示されるマニュアルの置いてある場所を設定、表示するよ

point「/etc/manpath.config」や「/etc/man_db.conf」の内容に従って設定されるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

manpath【コマンド】とは

マニュアル(「man」コマンドで表示されるやつ)の置いてある場所を設定・表示するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

「manpath」コマンドコマンドライン上から「man」コマンドで表示されるマニュアルの置き場所を設定・表示するときに使うコマンドです。
UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

書き方は

manpath [オプション]

です。
オプションは意外とあります。

オプション説明
-q警告メッセージを表示しない
Do not issue warnings.
--quiet警告メッセージを表示しない
Do not issue warnings.
-dデバッグメッセージを表示する
Print debugging information.
--debugデバッグメッセージを表示する
Print debugging information.
-cProduce a catpath as opposed to a manpath. Once the manpath is determined, each path element is converted to its relative catpath.
--catpathProduce a catpath as opposed to a manpath. Once the manpath is determined, each path element is converted to its relative catpath.
-gProduce a manpath consisting of all paths named as `global' within the man-db configuration file.
--globalProduce a manpath consisting of all paths named as `global' within the man-db configuration file.
-m 【システム】If this system has access to other operating system's manual hierarchies, this option can be used to include them in the output of manpath. To include NewOS's manual page hierarchies use the option -m NewOS. The system specified can be a combination of comma delimited operating system names. To include the native operating system's manual page hierarchies, the system name man must be included in the argument string. This option will override the $SYSTEM environment variable.
-systems=【システム】If this system has access to other operating system's manual hierarchies, this option can be used to include them in the output of manpath. To include NewOS's manual page hierarchies use the option -m NewOS. The system specified can be a combination of comma delimited operating system names. To include the native operating system's manual page hierarchies, the system name man must be included in the argument string. This option will override the $SYSTEM environment variable.
-C【ファイル】指定した設定ファイルを使用する
Use this user configuration file rather than the default of ~/.manpath.
--config-file=【ファイル】指定した設定ファイルを使用する
Use this user configuration file rather than the default of ~/.manpath.
-?ヘルプを表示する
Print a help message and exit.
--helpヘルプを表示する
Print a help message and exit.
--usage簡易ヘルプを表示する
Print a short usage message and exit.
-Vバージョン情報を表示する
Display version information.
--versionバージョン情報を表示する
Display version information.

などですね。

オプションを何も指定しないで

manpath

を実行すると「/etc/manpath.config」や「/etc/man_db.conf」の内容に従ってマニュアルの場所が設定され、その結果が表示されます。
※私の環境(CentOS 7)には「/etc/man_db.conf」がありました。「/etc/manpath.config」はありませんでした。

つまり「-C」オプションを指定して

manpath -C /etc/man_db.conf

を実行したのと同じ結果になります。

試しに

manpath

を実行したところ、私の環境(CentOS 7)では、以下の結果が表示されました。

/usr/local/share/man:/usr/share/man

どうやら「/usr/local/share/man」と「/usr/share/man」がマニュアルの置き場所として指定されているようです。

「-C」オプションは、使用する設定ファイルを指定するオプションです。
試しに、以下の内容の「hoge.conf」を用意しました。

MANDATORY_MANPATH    /etc

この状態で

manpath -C hoge.conf

を実行したところ

/usr/local/share/man:/usr/share/man:/etc

と表示されました。
「hoge.conf」に記述した「/etc」が追加されていますね。

基本的な使い方は、それくらいです。
あとは必要に応じて、情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「manpath」ってコマンドが出てきたら「マニュアルの置き場所を設定・表示するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク