[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

プロポーショナルフォント

pointこの用語のポイント

pointフォントの分類だよ

point文字によって幅が違うよ

point等幅フォントじゃない方だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

プロポーショナルフォントとは

文字によって文字の幅が違うフォントのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「等幅フォント」の説明と、ほとんど同じです。既に「等幅フォント」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

順番に見ていきましょう。

フォントは「文字の書体」ね。
「メイリオ」とか「MS Pゴシック」とか「MS P明朝」とか、いろいろな種類があります。
どのフォントを選ぶかによって、文字の見た目が変わります。

プロポーショナルフォント

実はこのフォント、文字の幅に注目すると、2つに分けることができます。
それは

1.すべての文字の幅が同じ幅のフォント
2.文字によって文字の幅が違うフォント


の2つです。

この2つのうち、文字によって幅が違うフォントが「プロポーショナルフォント」です。

プロポーショナルフォント2

あと、ついでなので書いておくと、すべての文字の幅が同じ幅のフォントは「等幅フォント」と言います。

プロポーショナルフォント3

例えば、MS Pゴシックはプロポーショナルフォントです。
MSゴシックは等幅フォントです。
それぞれのフォントについて「wa3」「aiu」を縦に並べてみます。

プロポーショナルフォント4

如何でしょうか。

MS Pゴシック(プロポーショナルフォント)は、端っこが揃っていません。
何となく「w」の幅が広くて「i」の幅が狭いですよね。
プロポーショナルフォントは文字によって幅が違います。
例え同じ3文字でも、文字の組み合わせによって幅が違ってくるのです。

それに対してMSゴシック(等幅フォント)は、端っこが揃っていますよね。
これは、全部の文字が同じ幅だからです。
どんな文字の組み合わせでも、3文字であれば3文字分の幅になります。

コンピュータの世界の歴史においては、等幅フォントの方が先に生まれました。
同じ幅の方が、コンピュータさんも考えるのが楽だったのです。
全部の文字を同じように扱えますからね。

プロポーショナルフォント5

でも、全部の文字の幅が同じだと、見た目的にイマイチでした。
横幅の広い「w」なんかは窮屈そうに見えますし「i」の周りは逆にスカスカです。

そこで、技術の進歩がある一定の段階を超えたときに、コンピュータさんに「文字ごとに幅を変えても良いかな?」とお願いしてみました。
プロポーショナルフォントを導入しようとしたのです。

プロポーショナルフォント6

それに対してコンピュータさんは「仕方ないな~。頑張るよ」と答えてくれました。

プロポーショナルフォント7

そんな経緯を経て……いるわけではないと思いますが、そんな感じの流れで、等幅フォントとプロポーショナルフォントが混在するようになったのです。

さて、そんな等幅フォントとプロポーショナルフォントの使い分けですが、人が読む文章にはプロポーショナルフォントの方が読みやすいと思います。
例えば、ブログや何かの説明資料、書籍の本文などに使うフォントですね。

等幅フォントの使いどころは……何でしょうね?
文字の位置を揃えたい状況で使うと思いますが、その状況がいまいち思い浮かびません。
何か思いついたら追記します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「プロポーショナルフォント」って単語が出てきたら「文字によって幅が違うフォントなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク