[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アウトラインフォント

pointこの用語のポイント

pointフォントの分類だよ

point輪郭を覚えておくやり方だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アウトラインフォントとは

フォントのデータ形式の分類のひとつで、文字の輪郭を覚えておくやり方のフォント
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

フォントは「文字の書体」ね。
「メイリオ」とか「MS Pゴシック」とか「MS P明朝」とか、いろいろな種類があります。
どのフォントを選ぶかによって、文字の見た目が変わります。

アウトラインフォント

現実世界のフォント(書式)は文字の見た目だけです。
コンピュータ世界のフォントは見た目以外にも気にしなくてはいけないことがあります。

例えば、データ形式です。

データ形式に注目して分類すると、それぞれのフォントは

1.線の方向と長さを覚えているフォント
2.どのマス目を塗りつぶすか覚えているフォント


のどちらかになります。

ここで「1.線の方向と長さを覚えているフォント」に注目してください。

線の方向と長さを覚えているフォントは「スケーラブルフォント」と呼ばれています。
どの方向にどれくらいの長さの線を引くか覚えておくことで文字を表現するフォントです。

アウトラインフォント2

スケーラブルフォントは、さらに2種類に分けられます。
中心線を覚えておくことで文字の形を記憶しているフォントと、輪郭線を覚えておくことで文字の形を記憶しているフォントです。

中心線を覚えておくフォントは「ストロークフォント」と呼ばれています。

アウトラインフォント3

そして、輪郭線を覚えておくフォントが「アウトラインフォント」です。

アウトラインフォント4

スケーラブルフォント(ストロークフォント、アウトラインフォント)は、情報を「どっちの方向にどれくらい線を引いてね~」で持っています。
マス目を気にしていないので、カクカクしません。
厳密には、モニタの画面がマス目状なので、少しはカクカクしますけどね。
アウトラインフォントは、文字を拡大してもカクカクになりにくいフォントです。

それに対して、どのマス目を塗りつぶすか覚えているフォントは、文字を拡大するとカクカクします。

どのマス目を塗りつぶすか覚えているフォントは「ビットマップフォント」と言います。
モニタの画面は、ものすごい細かいマス目になっていますよね。
そのマス目に対して、どこを塗りつぶすか覚えておくことで文字を表現するフォントです。

アウトラインフォント5

当たり前の話ですが、マス目は四角です。
ビットマップフォントは、そこに色を乗せて文字を形作ります。
ビットマップフォントをじーっと見てください。
特に斜めの線なんかは、カクカクしているでしょう。

文字が小さいとカクカクも気になりませんが、大きくなると気になるはずです。
つまり、ビットマップフォントは、文字を拡大するとカクカクになるフォントです。

まとめると、フォントには「マス目で覚えておくよフォント(ビットマップフォント)」と「線で覚えておくよフォント(スケーラブルフォント)」があります。

アウトラインフォント6

スケーラブルフォントは、さらに「中心線を覚えておくよフォント(ストロークフォント)」と「輪郭線を覚えておくよフォント(アウトラインフォント)」に分けられます。

アウトラインフォント7

輪郭線を覚えておくよフォントが、アウトラインフォントです。

アウトラインフォント8

せっかくなので、全部まとめて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アウトラインフォント」って単語が出てきたら「輪郭覚えておくよ方式のフォントなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク