[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

WPS

pointこの用語のポイント

point無線LANの設定を簡単に行える仕組みだよ

pointAOSSっぽい仕組みを標準化した規格だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

WPSとは

AOSSっぽい仕組みをWi-Fiアライアンスって団体が標準化した規格のこと。
つまり

ボタンをポチっと押すだけで無線LANの設定が簡単にできる仕組みのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

AOSSは「バッファローって会社さんの考えた、ボタンをポチっと押すだけで無線LANの設定が簡単にできる仕組み」ね。
このAOSSを標準化した規格が「WPS(ダブリューピーエス)」です。

少し回り道になりますが、まずはAOSSの説明をします。
既にAOSSが何かをご存知の方は、適当に読み飛ばしてください。

それでは、順番に見ていきましょう。
まずは予備知識から行きます。

無線LANは「無線を利用してインターネットをできるようにする仕組み」です。
電波をビビビーでインターネットができます。

WPS

電波をビビビーでインターネットを使うためには、電波をビビビーするやつと、ビビビーの電波を受け取るやつが必要です。

電波をビビビーするやつは、パソコンさんをはじめとした無線LAN対応機器ですね。
便宜上「無線LAN子機」と表現される場合もあります。

ビビビーの電波を受け取るやつは「無線LANアクセスポイント」や「無線LANルータ」と呼ばれている機械です。
こちらは「無線LAN親機」と表現されます。

WPS2

さて、この無線LANの仕組みですが、使うためにはパソコンさん側の設定が必要です。
パスワードを設定したり、通信をする際の暗号化のやり方を指示したり、あれやこれやの設定をする必要があります。

そして、この「あれやこれやの設定」は結構面倒くさいです。
知識がある人にとっては簡単ですが、一般人は苦労するでしょう。

そこでバッファローという会社さんが「ボタンをポチっと押すだけで無線LANの設定ができるよ!」な仕組みを考えました。
この無線LANの設定を簡単に行える仕組みが「AOSS」です。

これがAOSSの概要です。

次に、AOSSの仕組みを簡単に見てみましょう。
登場するのは、パソコンさん(無線LAN子機)と無線LANルータさん(無線LAN親機)とピヨ太君です。

WPS3

まず事前準備として、ピヨ太君はパソコンさんにAOSSで使うソフトを入れます。
「クライアントマネージャ」とか、そんな感じの名前のソフトです。

WPS4

準備ができたら、ピヨ太君は無線LANルータにくっついているボタンをポチっと押します。

WPS5

そうすると、無線LANルータさんは4~5メートルくらい先まで聞こえる大きさで「お~い、誰かいるか~い!」と叫びます。

WPS6

すかさず、ピヨ太君はパソコンさん側のボタンをポチっと押します。
ポチっと押すのは、画面に表示されているボタンです。
事前準備で入れたソフトの画面のボタンですね。

WPS7

ボタンをポチっと押すと、パソコンさんは「俺はここにいるぞ~!」と叫びます。

WPS8

おっと、パソコンさんのパトスの叫びが無線LANルータさんに届いたようです。
無線LANルータさんは、パソコンさんの存在を認知しました。

WPS9

あとは、パソコンさんと無線LANルータさんの間で勝手にやり取りをして、無線LANの設定をしてくれます。
ピヨ太君は、ぼーっと待っているだけです。

WPS10

如何でしょうか。
ピヨ太君のやった作業は

1.パソコンにソフトを入れる
2.無線LANルータにくっついているボタンをポチっと押す
3.パソコンの画面に表示されているボタンをポチっと押す


の3ステップです。
この程度の作業なら、無線LANに関する知識がなくてもできそうですよね。

このように、無線LANの設定を簡単に行うための仕組みがAOSSです。
楽ちんですね。

他のメーカーさんも「おぉ、これは楽ちんじゃね?」と思ったのでしょう。
似たような仕組みを作って、自分のところの製品に組み込みました。

ところがですね。
互換性が無かったのです。

あっちのメーカーさんの仕組みとこっちのメーカーさんの仕組みは違いました。
だから、あっちのメーカーさんの製品に対応している機器でも、こっちのメーカーさんの製品には対応していないかもしれません。
なんか、ややこしいことになりそうですね。

そこで、Wi-Fiアライアンスという業界団体さんが、AOSSっぽい仕組みを標準化した規格を作りました。
今まで地方ルールで思い思いにやっていたところに、全国共通ルールを作ったようなイメージです。

全国共通ルールがあれば、違う地方に行っても同じように遊べます。
「WPS対応」と書いてある機器であれば、違うメーカーの製品でも同じように扱える理屈です。

ここまでの説明がよく分からない人は、AOSSとWPSを同じものだと思っても構いません。
AOSSはバッファローさんの考えた独自ルールです。
WPSは全国共通ルール版のAOSSっぽいものです。

ちなみに「Wi-Fi Protected Setup(ワイファイ・プロテクティド・セットアップ)」の略で「WPS」ですが、別に覚える必要はありません。
覚えていても、たいして役に立たないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「WPS」って単語が出てきたら「無線LANの設定が簡単にできる仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク