[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

AOSS

pointこの用語のポイント

point無線LANの設定を簡単に行える仕組みだよ

pointバッファロー社の独自規格だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

AOSSとは

バッファローって会社さんの考えた、ボタンをポチっと押すだけで無線LANの設定が簡単にできる仕組みのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

無線LANは「無線を利用してインターネットをできるようにする仕組み」ね。
電波をビビビーでインターネットができます。

AOSS

電波をビビビーでインターネットを使うためには、電波をビビビーするやつと、ビビビーの電波を受け取るやつが必要です。

電波をビビビーするやつは、パソコンさんをはじめとした無線LAN対応機器ですね。
便宜上「無線LAN子機」と表現される場合もあります。

ビビビーの電波を受け取るやつは「無線LANアクセスポイント」や「無線LANルータ」と呼ばれている機械です。
こちらは「無線LAN親機」と表現されます。

AOSS2

さて、この無線LANの仕組みですが、使うためにはパソコンさん側の設定が必要です。
パスワードを設定したり、通信をする際の暗号化のやり方を指示したり、あれやこれやの設定をする必要があります。

そして、この「あれやこれやの設定」は結構面倒くさいです。
知識がある人にとっては簡単ですが、一般人は苦労するでしょう。

そこでバッファローという会社さんが「ボタンをポチっと押すだけで無線LANの設定ができるよ!」な仕組みを考えました。
この無線LANの設定を簡単に行える仕組みが「AOSS」です。

AirStation One-Touch Secure System(エアステーション・ワンタッチ・セキュア・システム)」の略で「AOSS」ね。
「AirStation」は製品名です。
ざっくり訳すと「エアステーションっていう機器の設定をワンタッチでできる安全な仕組み」になります。

これがAOSSの概要です。

次に、AOSSの仕組みを簡単に見てみましょう。
登場するのは、パソコンさん(無線LAN子機)と無線LANルータさん(無線LAN親機)とピヨ太君です。

AOSS3

まず事前準備として、ピヨ太君はパソコンさんにAOSSで使うソフトを入れます。
「クライアントマネージャ」とか、そんな感じの名前のソフトです。

AOSS4

準備ができたら、ピヨ太君は無線LANルータにくっついているボタンをポチっと押します。

AOSS5

そうすると、無線LANルータさんは4~5メートルくらい先まで聞こえる大きさで「お~い、誰かいるか~い!」と叫びます。

AOSS6

すかさず、ピヨ太君はパソコンさん側のボタンをポチっと押します。
ポチっと押すのは、画面に表示されているボタンです。
事前準備で入れたソフトの画面のボタンですね。

AOSS7

ボタンをポチっと押すと、パソコンさんは「俺はここにいるぞ~!」と叫びます。

AOSS8

おっと、パソコンさんのパトスの叫びが無線LANルータさんに届いたようです。
無線LANルータさんは、パソコンさんの存在を認知しました。

AOSS9

あとは、パソコンさんと無線LANルータさんの間で勝手にやり取りをして、無線LANの設定をしてくれます。
ピヨ太君は、ぼーっと待っているだけです。

AOSS10

如何でしょうか。
ピヨ太君のやった作業は

1.パソコンにソフトを入れる
2.無線LANルータにくっついているボタンをポチっと押す
3.パソコンの画面に表示されているボタンをポチっと押す


の3ステップです。
この程度の作業なら、無線LANに関する知識がなくてもできそうですよね。

このように、無線LANの設定を簡単に行うための仕組みがAOSSです。

ここまでの説明を読んで「他の人のパソコンが割り込んできたら大丈夫なの?」と心配になる人もいるでしょう。
大丈夫じゃないけど大丈夫です。

電波状況にもよりますが、無線LANルータさんの「お~い、誰かいるか~い!」の呼びかけが届くのは4~5メートルくらい先までです。
AOSSの設定をするためには、パソコンさんと無線LANルータさんの距離を4~5メートル以内に近づけてあげる必要があります。

AOSS11

ですから、4~5メートル以内に他のパソコンやAOSS対応機器が無ければ安全です。

ある場合は、ちょっとだけ不安になります。
ですが、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

AOSSの設定は、一度にできるのは一台です。
もし他のパソコンなりが横取りしてAOSSの設定を行っていた場合、あなたの設定が失敗します。
それで「あれ?何かおかしいな」と分かるはずです。

AOSSの仕組みの説明としては、そんなところでしょうか。

ちなみに「AOSS」はバッファローさん独自の規格です。
同じような仕組みを標準化した規格は「WPS」と言います。
個人的には「AOSS」の方が馴染みがある表現ですけどね。
余裕がある人は、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「AOSS」って単語が出てきたら「無線LANの設定が簡単にできる仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク