[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

/etc/ld.so.conf

pointこの用語のポイント

point設定ファイルだよ

pointUNIX系のOSで使われるよ

point共有ライブラリの探し場所を書いておくよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

/etc/ld.so.confとは

UNIX系のOS(LinuxとかMacとか)で使われる、共有ライブラリの検索パス(共有ライブラリの探し場所)を書いておく設定ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

共有ライブラリは「いろんなプログラムから使えるプログラムの部品」ね。

/etc/ld.so.conf

共有は、ここでは「一緒に使おうね~」の意味です。

/etc/ld.so.conf2

ライブラリは「便利なプログラムの部品を集めてひとまとめにしたファイル」です。

/etc/ld.so.conf3

つまり「一緒に使えるプログラムの部品」が共有ライブラリです。

あとは「パス」という用語も覚えておいてください。
パスは「ファイルやフォルダの場所」です。

/etc/ld.so.conf4

例えば「/etc/ld.so.conf」もパスです。
「/etc/ld.so.conf」は

「etc」ディレクトリの中の「ld.so.conf」ファイル

を表しています。

/etc/ld.so.conf5

用語の意味の予備知識はこれくらいです。
あとは、もう一つ、大事なことを覚えておいてください。
コンピュータには「○○に関しては、ここを探してね」なパスが事前に登録されています。

例えば、あなたが「lsコマンドを実行したとしましょう。

ls

と画面に入力して、ポチっとエンターキーを押しました。

このとき、実際には

/usr/bin/ls

が呼ばれます。
単に「ls」と指示しただけなのに「usr」ディレクトリの中の「bin」ディレクトリの中の「ls」ファイルが動くのです。

/etc/ld.so.conf6

その理由は

コマンドが入力されたら、該当するファイルがあるかを「usr」ディレクトリの中の「bin」ディレクトリの中から探してよ

とコンピュータに登録されているからです。
検索パス(探す場所)が設定されているため、単に「ls」と入力しても「/usr/bin/ls」が動きます。

もし探す場所が設定されていないとしたら「ls」と入力しても動きません。
コンピュータさんからは「lsって何?そんなもの無いよ!」と言われてしまいます。
探す場所が設定されていない状況で「ls」コマンドを実行したければ「/usr/bin/ls」と、全部指定してあげる必要があります。

共有ライブラリも同じです。

事前に「共有ライブラリを使いたいって言われたら、この場所から探してね」が設定されています。
例えば、探す場所として「/usr/lib」が登録されていたとしましょう。

/etc/ld.so.conf7

ピヨ太君が「piyota.libを使いたいんだけど!」と言いました。

/etc/ld.so.conf8

そうすると、コンピュータさんは「/usr/lib」の中に「piyota.lib」があるかを探してくれます。

/etc/ld.so.conf9

この「共有ライブラリを使いたいって言われたら、この場所から探してね」な探し場所を、本ページでは「共有ライブラリの検索パス」と表現します。
※「共有ライブラリの検索パス」云々の話は、イメージしやすいように少し嘘をついています。実際の仕組みは「/etc/ld.so.cache」の説明をご覧ください。

長くなりましたが、以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、共有ライブラリの検索パスを記述する設定ファイルが「/etc/ld.so.conf」です。
「etc」ディレクトリの中の「ld.so.conf」ファイルで「/etc/ld.so.conf」ね。

/etc/ld.so.conf10

「/etc/ld.so.conf」はUNIX系のOSLinuxとかMacとか)で使われるファイルです。

ファイルの編集は

vi /etc/ld.so.conf

等で普通に行えます。

ただし、このままでは編集した結果がコンピュータに反映されません。

「/etc/ld.so.conf」を編集した後で

ldconfig

を実行してください。
ldconfig」コマンドを実行することによって、編集した「/etc/ld.so.conf」の中身がコンピュータに反映されます。

実は、コンピュータさんは「/etc/ld.so.conf」ではなく「/etc/ld.so.cache」というファイルを見て、お仕事をしています。

/etc/ld.so.conf11

「ldconfig」は「/etc/ld.so.conf」の中身を「/etc/ld.so.cache」に反映するコマンドです。

/etc/ld.so.conf12

「/etc/ld.so.conf」の中身が「/etc/ld.so.cache」に反映されて、はじめて、コンピュータさんに認識されるのです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「/etc/ld.so.conf」って単語が出てきたら「共有ライブラリの探し場所を書いておくファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク