[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

JSON

pointこの用語のポイント

pointファイルの書き方ルールだよ

pointJavaScriptと相性が良いよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

JSONとは

13日の金曜日になると元気になるアイツ
ではなく

ファイルの書き方ルール(の1つ)
です。

image piyo

詳しく書くよ

例えば、そうですね。

誰かが「ホームページファイルは、こんな書き方にしようぜ!」と書き方のルールを作りました。
そして、それに「HTML」と名前を付けました。
それ以来、ホームページを作る人は「HTML」というルールに従ってホームページのファイルを書いています。

JSON

同じように、誰かが「データをやり取りするときは、こんな書き方にしようぜ!」と書き方のルールを作りました。
そして、それに「XML」と名前を付けました。
それ以来、気が向いた人は「XML」のルールに従って作ったデータをやり取りしています。

JSON2

でも、世の中にはXMLが嫌いな人がいました。
「XMLなんて嫌いだ!データをやり取りするときは、こんな書き方にしよう!」と別の書き方ルールを作った人がいたのです。
※これは例え話です。実際にXMLを嫌いな人がJSONを作ったとは限りません。

その人は、データをやり取りするときは

{
 "bohebohe": [ 1, 2 ],
 "piyopiyo": {
  "piyota": [ "21", "lovely" ],
  "piyoko": "sama"
 }
}


みたいな書き方にしようよ~、と言いました。

この

{
 "bohebohe": [ 1, 2 ],
 "piyopiyo": {
  "piyota": [ "21", "lovely" ],
  "piyoko": "sama"
 }
}


みたいな書き方の名前が「JSON(ジェイソン)」です。

JSON3

人間同士でコミュニケーションを取るときは何らかの「言語」を使います。

JSON4

言語というのは、声の出し方や文字の書き方のルールです。
話すのを例にとると、声はすべて人間の口から出る音です。
でも、音の高低や組み合わせによって、異なる言語になりますよね。

JSON5

それは「こんな音を出したら、○○語ね」なルールがあるからです。

世界には、いろいろな言語があります。
そして、それぞれの言語(声の出し方や文字の書き方のルール)に対して「日本語」「英語」「中国語」などの名前が付いています。

それと同じです。

あなたがファイルに文字を書く(打ち込む)とします。

JSON6

ホームページを作りたければ、ホームページ用の書き方ルールに従って書くでしょう。
「HTML」という名前が付いているルールに従って書くことになります。

JSON7

HTML以外にも「これをやるときは、こんな書き方をしよう」なファイルの書き方ルールがたくさんあります。
その、たくさんある書き方ルールの中の1つが「JSON」です。

JSON8

言語が「日本語」「英語」「中国語」など、たくさんあるのと同じです。
ファイルの書き方ルールも「HTML」「XML」「JSON」など、たくさんあるのです。

JSONが具体的にどんなルールなのかは、専門的に解説しているところで情報を補完してください。

なお、JSONは「JavaScript Object Notation(ジャヴァスクリプト・オブジェクト・ノーテーション)」の略で「JSON」です。
「ジェイソン」と読みます。
その名の通り、JavaScriptと相性が良い書き方ルールです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「JSON」って単語が出てきたら「ファイルの書き方ルールなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク