[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

gpasswd【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointグループファイルを編集するよ

pointグループに、パスワードを設定したり、ユーザを追加したりするときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

gpasswd【コマンド】とは

グループにパスワードを設定したり、ユーザを追加したりするときに使うコマンド。
もう少し直接的に書くと

グループファイル(/etc/group)を編集するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

「gpasswd」コマンドは、コマンドライン上からグループファイル/etc/group)を編集する際に使うコマンドです。

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

書き方は

gpasswd [オプション] [グループ名]

です。
オプションはちょぼちょぼとあります。

オプション説明
-a 【ユーザ】グループユーザを追加する
-d 【ユーザ】グループからユーザを削除する
-Rnewgrp(1) コマンドを用いたグループへのアクセスはできなくなる。」らしいです
-rグループに設定したパスワードを削除する
-A【ユーザ】そのユーザを管理者と同じ扱いにする
-M【ユーザ】そのユーザをメンバーと同じ扱いにする

などですね。

それでは、使い方を見ていきましょう。

オプション未指定でグループのみを指定すると、パスワード入力を求めらます。
そこで入力したパスワードがグループのパスワードになります。
例えば

gpasswd group1

を実行して、パスワードを入力すると、グループ「group1」に対して入力したパスワードが設定されます。

「-a」オプションは、グループユーザを追加するためのオプションです。
例えば

gpasswd -a piyota group1

を実行すると、グループ「group1」に対してユーザ「piyota」が追加されます。

「-d」オプションは「-a」オプションの逆です。
グループからユーザを削除したいときに使います。
例えば

gpasswd -d piyota group1

を実行すると、グループ「group1」からユーザ「piyota」が削除されます。

「-R」オプションは使い方がよく分かりませんでした。
試しに設定してみたのですが、期待通りの動きをしなかったので、見なかったことにしています。

「-r」オプションは、グループに設定したパスワードを削除するときに指定するオプションです。
例えば

gpasswd -r group1

を実行すると、グループ「group1」に設定されているパスワードが削除されます。
つまり、グループ「group1」はパスワードが未設定の状態になります。

「-A」オプションと「-M」オプションは、グループに所属するユーザに対して権限を付与するときに使うオプションみたいですね。
私は試していないので、気になる方は自分で設定してみてください。

「gpasswd」コマンドの使い方は、そんなところです。

なお、グループファイルを編集するコマンドには、他に「vigr」コマンドがあります。
「gpasswd」コマンドと「vigr」コマンドの違いは……実際に使えば、すぐ分かります。

イメージで言えば「gpasswd」コマンドが店員さんがピッ!ってやってくれる普通のレジで、「vigr」コマンドが自分でピッ!ってやるセルフレジですね。

「gpasswd」コマンドは、オプションで指定したり画面からの指示に従ってあれこれすることでグループファイルを編集します。
おかしなことになる可能性は限りなく低いですが、決まった手順に沿って進むので、自由度は低いです。

それに対して「vigr」コマンドは、グループファイル(/etc/group)が、ど~ん!と開かれます。
「あとはお好きにどうぞ」ですが、ファイルの構成を理解していないと変更はできないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「gpasswd」ってコマンドが出てきたら「グループファイルを編集するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク