[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

MD5チェックサム

pointこの用語のポイント

pointMD5から戻ってくる値だよ

point加算方式のチェックサムとは関係ないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

MD5チェックサムとは

ハッシュ関数のMD5から返ってくる値のこと
です。
専門用語が大丈夫な方は

MD5関数からの戻り値のこと
と理解してください。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

ハッシュ関数は「入力に対応する適当な値を返してくれる関数」ね。

例えば、ハッシュ関数に「愛媛みかん」を入れると「3」が返ってくるとしましょう。
同じように「青森りんご」を入れると「4」が返ってきます。
「栃木苺」を入れた場合は「5」が返ってきます。

MD5チェックサム

ハッシュ関数は、同じ物を入れれば、必ず同じ値が返ってきます。

「愛媛みかん」を入れた場合に返ってくるのは、必ず「3」です。
何回入れても「3」が返ってきます。
「4」が返ってくることはありません。

MD5チェックサム2

このような関数がハッシュ関数です。
ハッシュ関数には

1.適当な値が返ってくる
2.同じ入力に対しては同じ値が返ってくる


という特徴があります。

さて、そんなハッシュ関数ですが、世の中に一つしかないわけではありません。
いろいろあります。

例えば、返してくれる値(適当な値)の作り方が違ったりですね。
あるいは、返してくれる値の桁数が違ったりですね。
一口に「ハッシュ関数」と言っても、いくつかの種類があるのです。

そんないろいろあるハッシュ関数の中のひとつが「MD5」です。
MD5に対して何かを渡すと、適当な値が返ってきます。

MD5チェックサム3

そして、MD5から返ってくる適当な値が「MD5チェックサム」です。

MD5チェックサム4

注意点として「MD5」+「チェックサム」で「MD5チェックサム」……ではありません

単に「チェックサム」と言った場合、一般的には、送るデータを全部足した値をくっつけてやるチェック方法を指します。
簡略化して説明しますが、例えば

1234

というデータを送るときに「1+2+3+4」の計算結果である

10

も一緒に送ってやるチェック方法です。
※この値自体を「チェックサム」と呼ぶこともあります。

受け取り側は自分で「1+2+3+4」を計算してみます。
その結果「10」になれば「うん、途中で壊れたり変更されていないね」と判断できる理屈です。

これがチェックサムの仕組みですが、MD5チェックサムとチェックサムの仕組みは関係ありません。
役割は似ていますけどね。

そのため、MD5チェックサムを「MD5」+「チェックサム」で理解すると、どこかで詰まる可能性があります。
素直に「MD5チェックサム」一塊で「MD5から返ってくる値」と理解してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「MD5チェックサム」って単語が出てきたら「MD5から返ってくる値なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク