[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

defrag【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointWindows系で使えるコマンドだよ

pointデフラグを実行するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

defrag【コマンド】とは

デフラグを実行するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

デフラグは「Windowsの機能の一つで、ハードディスクの中身を整理します機能」ね。

ハードディスクを使っていると、少しずつ中身がごちゃごちゃしてきます。
お片づけをしないで住み続けると、部屋がカオスな状態になるのと一緒です。

defrag

このごちゃごちゃ状態を解消する整理整頓機能が「デフラグ」です。

defrag2

あとは「ボリューム」という用語も覚えておいてください。
ボリュームには「音量」という意味もありますが、ここでは「ハードディスクやCD-Rなどの外部記憶装置を管理するときの単位」です。

コンピュータさんは、いろいろな装備を身に付けてお仕事をします。
ハードディスクをガション、CD-Rをガション、ちょっと昔のコンピュータであればフロッピーディスクをガション、といったところでしょうか。

この装備した外部記憶装置ひとつひとつを「ボリューム」と言います。
ハードディスクをガション(一つ目のボリューム、装備完了!)CD-Rをガション(二つ目のボリューム、装備完了!)フロッピーディスクをガション(三つ目のボリューム、装備完了!)のイメージです。

defrag3

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、コマンドライン上からデフラグを実行するときに使うコマンドが「defrag」コマンドです。

「defrag」コマンドはWindows系で使えます。

書き方は

defrag [ボリューム名] [オプション]

です。

オプションは、ちょろちょろとあります。

オプション説明
/A指定したボリュームを分析する
/Cすべてのボリュームを対象とする
/E 【ボリューム】【ボリューム】を対象外とする
/H優先度を「通常」にする(未指定時は「低」)
/M「この操作をバックグラウンドで各ボリュームに対して同時に実行します。」だそうです。見えないところで実行してくれるってことですかね
/T「指定したボリュームで既に進行中の操作を追跡します。」だそうです
/U進行状況を画面に表示する
/V詳細情報を出力する
/X指定したボリュームの空き領域を合体させる

ですね。

基本的な使い方は

defrag [ボリューム名]

です。
例えば

defrag C:

を実行すると「C:」に対してデフラグが実行されます。

「/C」オプションを使う場合はボリューム名を指定しません。
例えば

defrag /C

を実行すると、すべてのボリュームに対してデフラグが実行されます。

これが基本的な使い方です。
あとは、適当に好きなオプションを指定してください。

注意点として「defrag」コマンドは管理者として実行する必要があります。
コマンドプロンプト(黒い画面)を起動するときは

右クリック→管理者として実行(A)...

のやり方で起動してください。
普通にダブルクリックして起動すると、実行したときに

操作に必要な特権がないため、ディスク デフラグ ツールを開始できません。 (0x89000024)

というエラーが出ます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「defrag」ってコマンドが出てきたら「デフラグを実行するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク