[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

イベント駆動型プログラミング

pointこの用語のポイント

pointプログラムの内部構造の分類だよ

pointイベントが発生したらお仕事してね!なプログラムにするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

イベント駆動型プログラミングとは

マウスをポチポチしたり、キーボードをカタカタしたり、何か特定のことが起こったら処理をやってね!なプログラムにすること
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

イベントは「処理を行うきっかけになる外部からの刺激」ね。

例えば、ピヨ太君がマウスをポチっと押したとします。

イベント駆動型プログラミング

そうすると、それが刺激となって、パソコンさんに伝わります。
パソコンさんは悶えました。

イベント駆動型プログラミング2

今度は、キーボードをぺちぺち叩きました。

イベント駆動型プログラミング3

やっぱり、刺激となって、パソコンさんに伝わります。
パソコンさんは悶えました。

イベント駆動型プログラミング4

このように、パソコンさんが何かするきっかけになる刺激をイベントと言います。

それを踏まえて「このイベントが発生したら処理をやってね!」な構造のプログラムにするのが「イベント駆動型プログラミング」です。

イベント駆動→何か刺激があったら動く
型→タイプの
プログラミング→プログラムにすること


ですね。
くっつけて書くと

何か刺激があったら動くタイプのプログラムにすること

です。

それでは、イベント駆動型プログラミングの例を見て見ましょう。

ピヨ太君が家事手伝いプログラムを作りました。

イベント駆動型プログラミング5

このプログラムを動かすと、掃除と洗濯と食事の用意をしてくれます。

イベント駆動型プログラミング6

ただし、掃除、洗濯、食事の用意は、一連の流れで行われます。
掃除だけさせたり、洗濯だけさせることはできません。

イベント駆動型プログラミング7

もっと便利にしたいピヨ太君は、家事手伝いプログラムを作り変えました。

まずは、プログラムにボタンを3つ付けます。
それぞれ「掃除」「洗濯」「食事」ボタンです。

イベント駆動型プログラミング8

そして、プログラムを動かしても、すぐには家事を始めないようにしました。
実際の家事は、ボタンを押したときにやらせるのです。

イベント駆動型プログラミング9

「掃除」ボタンをぽちっと押すと、プログラムは掃除をしてくれます。
終わったら、また待機状態に戻ります。

イベント駆動型プログラミング10

「洗濯」ボタンをぽちっと押すと、プログラムは洗濯をしてくれます。
終わったら、また待機状態に戻ります。

イベント駆動型プログラミング11

「食事」ボタンをぽちっと押すと、プログラムは食事の用意をしてくれます。
終わったら、また待機状態に戻ります。

イベント駆動型プログラミング12

さて、ここで改良前と改良後の家事手伝いプログラムを見比べてください。

改良前は、プログラムが起動すると一連の流れで家事が行われました。
最初から最後まで一直線です。
言い換えると「プログラムの起動」が処理のきっかけになっています。

イベント駆動型プログラミング13

改良後は、プログラムが起動すると待機状態に入りました。
ボタンが押されるという「刺激(イベント)」を通して、家事が行われます。
さらに、どのボタンを押したか、つまり刺激の種類によって、行われる家事の内容も変わりました。
これは「イベントの発生」が処理のきっかけになっていると言えます。

イベント駆動型プログラミング14

この話における改良後のようなプログラムにするのが「イベント駆動型プログラミング」です。
イベントが発生したら実際のお仕事を始める構造のプログラムにすることです。

個人的には「プログラミング」と表現することに対して違和感がありますけどね。
プログラムの「作り方」というよりは、プログラムの「中身の構造」を表現する用語です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「イベント駆動型プログラミング」って単語が出てきたら「イベントが発生したら処理をやってね!なプログラムにすることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク