[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

鍵長

pointこの用語のポイント

point暗号鍵のデータ長(データの大きさ)だよ

pointデータが大きいほど、気合の入った暗号になるよ

pointデータが大きいほど、暗号化したり元に戻すのが大変だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

鍵長とは

暗号鍵のデータ長のこと。
もう少しやんわりと書くと

暗号化したり、暗号化されたのを元に戻すときに使うデータの大きさのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「鍵」+「長」で「鍵長」です。

鍵長

って、そのまんまですね。

暗号鍵の省略表現で「暗号化したり復号する(暗号を元に戻す)ときに使うデータ」です。
詳細は用語「暗号鍵」の説明をご覧ください。

鍵長2

長は長さのことですが、ここでは「データ長」と解釈してください。
要するに「データの大きさ」のことです。
同じ箱を縦につなげた場合、長くつなげた方が全体の質量は大きくなりますよね?
それと同じです。

鍵長3

つまり「暗号鍵のデータ長」、もう少し噛み砕いて書くと「暗号化したり暗号化されたのを元に戻すときに使うデータの大きさ」が「鍵長」です。

鍵長4

鍵長の単位は、一般的に「ビット(bit)」で表現されます。
「128ビット」とか「256bit」とかですね。

また鍵長の数字が大きくなればなるほど、つまり暗号鍵のサイズが大きくなればなるほど、気合の入った暗号が作れます。
ただし、その分、暗号化するときや元に戻すときにかかる負担も大きくなります。

これはナンバー式のダイヤル錠を思い浮かべるとイメージしやすいと思います。

2桁のダイヤル錠の場合、数字の組み合わせパターンは100通りです。
悪い人がえっちらおっちらと一つずつ試したら、そのうち開いちゃうでしょう。

これが4桁になると、数字の組み合わせパターンは10,000通りです。
一つずつ試すのは、大変そうですよね。

鍵長5

ただし、閉めたり開けたりする際の労力は、単純に比較した場合、2桁の方が4桁よりも楽でしょう。

鍵長6

鍵長の考え方も、それと似たようなものです。
鍵長が長くなるほど(暗号鍵のサイズが大きくなるほど)気合が入るけど、その分、暗号化したり戻したりするのが大変になります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「鍵長」って単語が出てきたら「暗号鍵のデータ長なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク