[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

pointこの用語のポイント

point「暗号鍵」のことだよ

point暗号化するときに使うデータだよ

point複合するときに使うデータだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

とは

「暗号鍵」のこと。
つまり

暗号化したり、暗号化されたのを元に戻すときに使うデータのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

暗号鍵は「暗号化したり復号する(暗号を元に戻す)ときに使うデータ」ね。

鍵

コンピュータ関係、特にセキュリティ関係で「鍵」と出てきた場合は、十中八九、暗号鍵の省略表現です。
調べたわけではありませんが、暗号鍵以外の鍵(となる何か)については「キー(key)」と表現されることが多いと思います。

それでは、暗号鍵について、もう少し細かく説明していきます。
ここから先の説明は「暗号鍵」の説明と同じです。
既に「暗号鍵」の説明をご覧になった方は、読んでも意味はないと思います。

話を戻します。
まずは予備知識から行きましょう。

暗号化は「見ても分からないようにデータをぐちゃぐちゃにすること」ね。
復号は暗号化の逆で「暗号を暗号化前の状態に戻すこと」です。

鍵2

暗号化のやり方はいろいろありますが、コンピュータの場合、元のデータを何かとくっつけて(照らし合わせて)ぐちゃぐちゃにするのが一般的です。

例えば、ここに、とあるデータがあるとしましょう。

鍵3

このデータとくっつけたファイルは暗号化されます。

鍵4

暗号化されたファイルは、中身がぐちゃぐちゃになっています。
中を見ても内容を理解することはできないでしょう。

鍵5

暗号化されたファイルを元に戻したいときは、先ほどのデータと再びくっつけます。
そうすると、元のファイルに戻ります。

鍵6

元のファイルは、もちろん、中を読むことができます。

鍵7

この暗号化したり元に戻すときに使った「とあるデータ」が「暗号鍵」です。

鍵8

そして「暗号鍵」の省略表現が「鍵」です。

鍵9

単に「鍵」と表現されることは多くないですけどね。
「暗号鍵」をはじめ「共通鍵」や「公開鍵」、「秘密鍵」など「○○鍵」形式で登場することが多いです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「鍵」って単語が出てきたら「暗号化したり復号するときに使うデータなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク