[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コードリーディング

pointこの用語のポイント

pointソースコードを読むことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コードリーディングとは

人間語で書いたプログラムの元ネタ(ソースコード)を、ふむふむと読むこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「ソースコード」と「コンパイル」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ソースコードは「人間語で書いたプログラムの元ネタ」です。

コードリーディング

プログラムというのは一般的に、まず、人間語で元ネタを作ります。

コードリーディング2

次に「コンパイル」という作業を通して、コンピュータが分かる形に変換します。

コードリーディング3

これでコンピュータさんは、プログラムの内容を理解できるようになりました。
あとは実際に動かすだけです。

コードリーディング4

これが、プログラムができて動くまでの大雑把な流れです。

1.人間語で元ネタを書く
2.コンピュータが分かる形に翻訳する
3.動かす


となります。

以上を踏まえて、この流れにおける、人間語で書いた元ネタ(ソースコード)を読む行為が「コードリーディング」です。
「(ソース)コード」+「リーディング(reading:読むこと)」で「コードリーディング」ね。

コードリーディング5

コードが「ソースコード」の省略表現だと分かれば、すぐにイメージできると思います。
文字通りの「コード」(情報に対して割り振られる体系だった数字)と捉えてしまうと、意味が掴めないかもしれませんね。

個人的には「何を気取った言い方してるんだ、けっ!」と思わなくもなかったりもしますが、意外と見かける機会は多いです。
一応、頭の片隅にでも置いておいてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コードリーディング」って単語が出てきたら「ソースコードを読むことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク