[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アクティブユーザー (active user)

pointこの用語のポイント

pointサービスの利用者だよ

point幽霊部員じゃない人だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アクティブユーザー (active user)とは

幽霊部員じゃない人のこと。
つまり

登録しているだけじゃなくて、そのサービスを実際に使ってくれている人のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「実際にサービスを使っている人」が「アクティブユーザー」です。
アクティブ(積極的)なユーザ(使う人)です。

例えば、そうですね。

ピヨ太君が会員登録制のWebサービス「ピヨWeb」を作りました。

アクティブユーザー

ところがどっこい、宣伝しても誰も登録してくれません。
あわれに思ったピヨ子さんは、ピヨWebに会員登録してあげました。

アクティブユーザー2

ピヨ太ママも息子の危機をどこかで聞きつけたようです。
ピヨWebに会員登録しました。

アクティブユーザー3

ピヨ子さんは義理で登録しただけです。
登録後は放置しました。

アクティブユーザー4

ピヨ太ママはかわいい息子のために大はりきりです。
使い倒して、改善点までアドバイスしています。

アクティブユーザー5

ピヨ子さんは、登録したは良いものの、ほとんど利用していません。
幽霊部員みたいなものです。
一方のピヨ太ママは、きっちりしっかり利用しています。

アクティブユーザー6

この話における、ピヨ太ママがアクティブユーザーです。
登録しているだけではなく、実際に利用している人を指します。

アクティブユーザー7

なんでこんな用語が使われるかというと、幽霊部員を除いて考えるためです。

例えば先ほどのピヨWebですが、ピヨ太君の頑張りもあり、一年後の登録ユーザ数は1万人を超えました。
Webサービスとしては成功ですね。
ピヨ太君も運営に力が入るでしょう。

ところがどっこい、1ヵ月あたりのアクティブユーザーは5人でした。
そうなると話は変わってきます。

1万人はあくまで数字上の話です。
実際に使ってくれている人は、たったの5人ですよ、5人。
ピヨ太君もピヨWebの運営なんて止めて、他のことに時間を使った方が良いかもしれませんね。

このように、アクティブユーザーは実態調査的な面で使われる指標です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アクティブユーザー」って単語が出てきたら「サービスを実際に使ってくれている人なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク