[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

運用試験

pointこの用語のポイント

pointシステム開発における工程の一つだよ

point「実際のお仕事で使える?」を確認するためのテストだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

運用試験とは

作ったシステムの職場体験みたいなもの。
もう少し具体的に書くと

システム開発における工程のひとつで、実際のお仕事で使うときっぽく動かしてみて「このシステムは、実際にお仕事現場に投入しても問題無いかな?」を確認するテストのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば、作ったシステムの職場体験が「運用試験」です。
お客さまが実際の仕事で使うときと同じような状況で動かしてみて、問題が出ないか確認する作業を指します。

システムを作るときにはですね。
システム全体をまとめて一気に作ることは、ほんとありません。
機能や部品単位で分けて作って、最後にそれを合体させることで完成するのが普通です。

システムというのは、普通のロボットではなくて、合体ロボなのです。
ピヨレッドからピヨピンクまでが合体して、ピヨピヨ大魔神になります。

運用試験

ピヨピヨ大魔神がちゃんと動くかを確認するとき、まずは合体前の部品がきちんと動くかを確認します。
合体前の部品がきちんと動かなければ、合体しても動くわけがありません。
ピヨレッドが風邪気味なら、ピヨピヨ大魔神だって完全体にはなれないでしょう。

この「合体する部品がちゃんと動く?」を確認する工程を「単体試験」と言います。

運用試験2

合体する部品がちゃんと動くか確認できたら、次は「合体してちゃんと動くか?」を確認します。
この工程が「結合試験」です。

運用試験3

合体しても、ちゃんと動きました。
これで、めでたしめでたし、でしょうか。

本当にそうですか?

仮に、悪の怪獣から地球の平和を守るのが、ピヨピヨ大魔神の仕事だったとしましょう。

もし、ピヨピヨ大魔神が1分間しか活動できなかったら、地球の平和を守れますかね?

きっと、無理でしょう。

他にも、作っているときには予想もしなかったことが起きるかもしれません。

心配です。

その心配を解消するには、どうすれば良いでしょう?

そうです。
疑似的な実戦環境を用意して、ピヨピヨ大魔神が役に立つかを見れば良いのです。

ということで、疑似的な敵ロボットを用意して、ピヨピヨ大魔神と戦わせてみましょう。
これでピヨピヨ大魔神が勝てば「まぁ、実際の戦いでも役に立つんじゃないの?」と判断できます。

このように「より実践に近い状況で行うテスト」が運用試験です。

人間様に例えれば職場体験ですね。
本当の仕事現場ではないけど仕事現場に近い環境を用意して、そこでお仕事をさせて問題が出ないかを見るテストです。

ちなみに、試験の区分けは結構あいまいです。

単体試験、結合試験までは似たり寄ったりですが、それ以降の試験はお仕事現場の文化に左右されるでしょう。
呼び名や工程の分け方は現場の文化に左右されます。
分からないところがあったら、その現場の人に尋ねてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「運用試験」って単語が出てきたら「作ったシステムの職場体験っぽいテストなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク