[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

受け入れ試験

pointこの用語のポイント

pointお客さまが行う試験だよ

pointちゃんと完成しているかのチェック作業だよ

pointこの試験が無事に終わったら代金を貰えるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

受け入れ試験とは

「検収試験」のこと。
つまり

お客さま側で行う「これはちゃんと完成しているかな?代金を支払っても良いと思える出来かな?」を確認する試験のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「検収試験」の説明と、ほとんど同じです。既に「検収試験」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

一言で言えば、お客さまによる「完成度チェック」が「受け入れ試験」です。
お客さまの方で行う試験です。
その商品を受け入れて代金を支払っても良いかを判断するために行います。

システム開発において、お金と作ったシステムを同じタイミングで交換することは、ほとんどありません。
まず、作ったシステム一式をお客さまにお渡しします。

受け入れ試験

お客さまは、受け取ったシステム一式がちゃんとできているかを確認します。
ついでなので書いておくと、この確認作業を「検収」と言います。

受け入れ試験2

受け取ったシステム一式が問題ないと思ったら、お客さまは代金を支払います。

受け入れ試験3

システム開発に限った話でもありませんが、これがシステム開発の一般的な流れです。

この流れにおける「システムが完成しているかの確認作業」が受け入れ試験です。

……あれ?

上の方では

この確認作業を「検収」と言います。

と書きました。

それなのに今度は

システムが完成しているかの確認作業が受け入れ試験です。

ですってよ、あらまぁ。

どっちが正しいのでしょうね?

端折って書きましたが、実は検収というのは「ちゃんと出来ているかを確認して(代金を支払っても問題ない状態であることを確認して)商品を受け取ること」を指す言葉です。
つまり

1.商品を確認する
2.ちゃんとできているか判断する
3.正式に商品を受け取る


の3つの行為を一緒くたにした表現です。

それに対して、受け入れ試験は「ちゃんと出来ているかを確認する行為」を意味します。
つまり、検収作業の一部、具体的には

1.商品を確認する

を指す用語なのです。

検収の

1.商品を確認する
2.ちゃんとできているか判断する
3.正式に商品を受け取る


を別の表現で説明すると

1.受け入れ試験実施
2.受け入れ判定会議実施
3.受け入れ完了


でしょうか。

繰り返しになりますが、受け入れ試験は検収作業の一部です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「受け入れ試験」って単語が出てきたら「お客さまによる完成度チェックなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク