[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ST工程

pointこの用語のポイント

pointシステム開発における工程の一つだよ

point「システムとして完成した?」を確認するためのテストだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ST工程とは

「総合試験」のこと。
つまり

作ったシステムの卒業試験
であり

システム開発における工程のひとつで「このシステムは、ばっちり、きっちり、完成したかな?ちゃんと動いてお客さまの役に立てるかな?」を全体的に確認するテストのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

総合試験は、システム開発における工程の一つで「ちゃんと完成した?を確認するテスト」ね。
言わば、システムの卒業試験です。
一般的には、結合試験の後に行われます。
詳細は用語「総合試験」の説明をご覧ください。

ST工程

この「総合試験」をカッコつけて横文字にした呼び名が「ST工程」です。
「ST」は「System Test(システム・テスト)」の略と解釈するのが一般的ですが、たまに「Sougou Test(ソウゴウ・テスト)」の略と解釈している人もいます。
個人的には「SS」を「Shousai Sekkei(ショウサイ・セッケイ:詳細設計)」の略と解釈するのがアリなのですから「ST」を「Sougou Test(ソウゴウ・テスト:総合テスト)」の略と解釈しても良いと思いますけどね。
横文字大好きIT業界では「System Test」の略と解釈するのが一般的です。

注意点として、各工程の区切り方や呼び名は結構あいまいです。
お仕事現場によって、どこで工程を区切るかや、工程の呼び方が違ったりします。

そもそもの話として、総合試験は総合的な試験です。
負荷試験的なことを行ったり、運用試験的なことを行う場合もあります。
そう思わせておいて、負荷試験だけ工程を分けて行ったり、運用試験を別に行ったりすることもあります。

実際にどのように区切ってどのような呼び名を使うかは、お仕事現場のルールに合わせてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ST工程」って単語が出てきたら「総合試験のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク