[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

IT工程

pointこの用語のポイント

pointシステム開発における工程のひとつだよ

point「合体してちゃんと動く?」を確認するためのテストだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

IT工程とは

「結合試験」のこと。
つまり

システム開発における工程のひとつ
であり

「合体してちゃんと動く?」を確認するテストのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

結合試験は、システム開発における工程のひとつで「合体してちゃんと動くかを確かめるテスト」ね。

システムを作るのときの流れとして、システム全体をまとめて一気に作ることは、ほとんどありません。
機能や部品単位で分けて作って、最後にそれを合体させることで完成するのが普通です。

つまり、システムというのは、普通のロボットではなくて、合体ロボなのです。
ピヨレッドからピヨピンクまでが合体して、ピヨピヨ大魔神になります。

IT工程

この合体ロボが「合体してちゃんと動くか?」を確認する工程が結合試験です。

IT工程2

結合試験は一般的に、単体試験の次の工程として行います。

IT工程3

ここまでを踏まえて「結合試験」をカッコつけて横文字にした呼び名が「IT工程」です。
「IT」は「Integration Test(インテグレーション・テスト)」の略と解釈されるのが一般的です。
「情報技術」を意味する「Information Technology(インフォメーション・テクノロジー)」を略した「IT」とは違う単語なので、ご注意ください。
「Integration(インテグレーション)」は「統合」とか「統一」とかそんな意味ですが、ここではあえて「合体」と訳しましょう。
合体テストがIT工程です。

注意点として、各工程の区切り方や呼び名は結構あいまいです。
お仕事現場によって、どこで工程を区切るかや、工程の呼び方が違ったりします。

結合試験にしても「IT工程」と呼ぶ現場もあれば「SI工程」と呼ぶ現場もあります。
その他の独自の呼び方をしている現場もあるでしょう。

このページに記載されている内容は、あくまで一般論です。
実際にどのように区切ってどのような呼び名を使うかは、お仕事現場のルールに合わせてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「IT工程」って単語が出てきたら「結合試験のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク