[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

要件定義書

pointこの用語のポイント

point要件定義の結果をまとめた資料だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

要件定義書とは

要件定義の結果をまとめた資料のこと。
もう少しやんわりと書くと

お客さまの「こんなものが欲しいんだよね~」をまとめた資料のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

システム開発の基本的な流れというのは、大きく3つに分けられます。

設計
実装プログラミング
・テスト


の3つです。

この流れを経て、最初にあったお客さまの「やりたいこと」が「できあがったシステム」に置き換わります。

要件定義書

この3つの工程の中のひとつ「設計」に注目してください。

一言で「設計」と言っても、実際には1つの工程ではありません。
もう少し細かく分けられることが多いです。
お仕事現場によって多少違いはありますが、一般的には以下の3つに分けられます。

要件定義
基本設計
詳細設計


要件定義は、お客さまのやりたいことをまとめる作業です。
基本設計は、要件定義を元にして、システムの概要を考える作業です。
詳細設計は、基本設計を元にして、実際のプログラムが作れるように、システムの詳細を考える作業を指します。

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、要件定義で決まった内容をまとめた資料が「要件定義書」です。
それを見れば、お客さまのやりたいことが分かるような資料になります。

……なるはずです。

人間様の記憶は結構適当です。
頭の中に置いておいても、消えちゃいます。
だから、消えないように形に残すのです。

作るのは結構面倒くさかったりもしますが、大事な資料ですよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「要件定義書」って単語が出てきたら「お客さまの要望をまとめた資料なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク