[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

算術演算子 (arithmetic operator)

pointこの用語のポイント

point演算子だよ

point「+」「-」「*」「/」「%」のことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

算術演算子 (arithmetic operator)とは

四則演算(加減乗除)で使う演算子のこと。
要するに

「+」「-」「*」「/」「%」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

演算子は「どんな演算をするか表す記号」ね。
「+」「-」「*(×)」「/(÷)」の四則演算の記号をはじめ、なんかいろいろあります。

算術演算子

そんないろいろある演算子の中で、特に四則演算に使う演算子が「算術演算子」です。
具体的には

・「+」:足し算で使う
・「-」:引き算で使う
・「*」:掛け算で使う(「×」の代わり)
・「/」:割り算で使う(「÷」の代わり)
・「%」:割り算の余りを求めるときに使う


の5つのことです。

みなさんも馴染みのある演算子だとは思いますが、強いて補足するとすれば「%」でしょうか。

「%」は、割り算の余りを求めるときに使う演算子です。
例えば

5 % 2

の結果は「1」になります。
「5÷2」の計算結果は「2余り1」だからです。

あとは、直感的に分かりますよね?

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「算術演算子」って単語が出てきたら「四則演算で使う演算子(+、-、*、/、%)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク