[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

単項演算子 (unary operator)

pointこの用語のポイント

point演算子だよ

point変数とか値が1つだけ登場するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

単項演算子 (unary operator)とは

「num++」の「++」のように、その演算子を使った計算を眺めると、変数とか値が1つだけ登場している演算子
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

演算子は「どんな演算をするか表す記号」ね。
「+」「-」「*(×)」「/(÷)」の四則演算の記号をはじめ、なんかいろいろあります。

被演算子オペランド)は「式を構成する要素のうち、演算子じゃない方の要素」です。
変数とか値のことです。

例えば、ここに

1+2

という数式があったとしましょう。

この式を構成する要素は「1」「+」「2」の3つです。

単項演算子

この3つの要素のうち「+」が演算子です。
「1」と「2」が被演算子(オペランド)になります。

単項演算子2

ここまでを踏まえて、本題です。

式を書いたときに、被演算子(変数とか値)が1つだけ登場する演算子が「単項演算子」です。

例えば、先ほどの

1+2

ですが、登場する被演算子は「1」と「2」の2つです。
ですから、演算子「+」は単項演算子ではありません

さて、コンピュータの世界には「インクリメント演算子」という演算子があります。
この演算子の見た目は「++」(プラスが2つ)です。
役割は「今の値に1を足すこと」です。

例えば、以下のような処理があったとしましょう。

num = 1;
num++;


これは

・変数numに1を入れてください
・変数numの値に1を足してください


な命令です。
この処理が終わった後、変数numの値は2になっています。

ここで「num++」に注目してください。

この式を構成する要素は「num」「++」の2つです。

単項演算子3

この2つの要素のうち「++」が演算子です。
「num」が被演算子(オペランド)になります。

単項演算子4

登場する被演算子は「num」の1つですね。
ですから、演算子「++」は単項演算子です。

このインクリメント演算子のように、式を眺めたときに、演算子じゃない方が1つだけ登場する演算子が、単項演算子です。

ちなみに

z=x+y

という数式があった場合「z=」の部分は無視してくださいね。
「x+y」の部分に注目して

演算子:「+」
被演算子:「x」「y」


と数えます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「単項演算子」って単語が出てきたら「変数とか値が1つだけ登場する演算子なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク