[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

文字コード

pointこの用語のポイント

point文字と対応する数字だよ

pointコンピュータさんにとっての文字だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

文字コードとは

文字に割り当てられた数字のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「表現される文字の元となっている数字」と言った方が正確ですけどね。
分かりくいので「文字に割り当てられた数字」と覚えてください。

コンピュータの世界における、文字に割り当てられた数字が「文字コード」です。

文字コード

大前提として、コンピュータさんは「0(ゼロ)」と「1(イチ)」しか理解できません。
「0(ゼロ)」と「1(イチ)」の組み合わせで、文字を表現したり、音楽を表現したり、動画を表現したり、コンピュータの世界のその他もろもろを扱っています。

文字コード2

コンピュータさんが文字を扱う際には、事前に

0000001→「あ」
0000010→「い」
0000011→「う」


のような対応表を用意しておき、それを使います。
※ここに書いた文字と数字の対応は適当です。

例えば、ピヨ太君が「あ」と言ったとしましょう。

文字コード3

これをコンピュータさんは「00000001」と解釈します。

文字コード4

反対に、コンピュータさんが「00000010」と言ったとしましょう。

文字コード5

これが、ピヨ太君には「い」と見えるように表示されます。

文字コード6

コンピュータさんが実際に扱っているのは、数字です。
「00000001」や「00000010」です。
でも、そんなのを見せられても、人間様は理解できませんよね。

文字コード7

そこで、画面に表示する際には、数字そのものは表示しません。
数字に対応する「絵」を表示します。

文字コード8

この「絵」が、人間様から見ると、文字に見えます。

文字コード9

結果として、コンピュータさんは数字(0、1の組み合わせ)で扱い、人間様はそれを文字として解釈できる理屈です。

文字コード10

繰り返しになりますが、対応表の中身が

0000001→「あ」

の場合、コンピュータさんが扱うのは「0000001」です。
ただし、画面には「0000001」に対応する絵「あ」を表示します。

文字コード11

この絵を見て、人間様は「あ」と解釈します。

文字コード12

この話における「数字(0、1の組み合わせ)」が、文字コードです。

文字コード13

文字コードは

文字に対応する、数字(0、1の組み合わせ)

であり

コンピュータさんが文字を実際に扱うときの形

です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「文字コード」って単語が出てきたら「文字に対応する数字のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク