[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

前置インクリメント演算子 (pre increment operator)

pointこの用語のポイント

pointインクリメント演算子だよ

point変数の前に置く書き方(++num)をした際の呼び名だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

前置インクリメント演算子 (pre increment operator)とは

「++num」のような書き方で、変数の前に書いたインクリメント演算子の便宜上の呼び名
です。

image piyo

詳しく書くよ

インクリメント演算子は、プログラミングで出てくる演算子の一つで「変数の値に1を足すときに使う演算子」ね。
演算子の見た目は「++」(プラスが2つ)です。

前置インクリメント演算子

例えば、ここに変数numがあったとしましょう。
あっ、一応書いておくと「変数」はプログラミング言語における「値を入れておく箱」ね。

前置インクリメント演算子2

話を戻して、変数numには最初の値として1が入っていたとします。

num = 1;

この変数numに1を足してみましょう。
インクリメント演算子を使って書くと、以下のようになります。

num = 1;
num++;


これで、処理を抜けた後のnumの値は、最初に入っていた1に1が足されて、2になっています。

くどいようですが

num++;

と書くことによって、変数の値に1が足されました。

これがインクリメント演算子の使い方ですが、実はもう一つ書き方があります。
それは「++」を変数の前に持って行って

++num;

と書く書き方です。

num = 1;
++num;


と書いても、処理を抜けた後のnumの値は2になっています。

ただし「num++」と「++num」は完全に同じではありません。
話がそれるのでここでは触れませんが、書き方以外にも違いがあります。
※「num++」と「++num」の違いに興味がある方は用語「インクリメント演算子」の説明をご覧ください。簡単にですが、そちらで触れています。

さて、ここまでで同じインクリメント演算子(++)でも

1.変数の後ろに書く書き方(num++)
2.変数の前に書く書き方(++num)


の2つがあると分かりました。

この2つは違います。

違うのであれば、区別したいですよね?

仕方がありませんね。

区別しましょう。

呼び分けましょう。

そんなこんなで生まれた「インクリメント演算子を変数の前に書く書き方(++num)をした際の、インクリメント演算子の便宜上の呼び名」が「前置インクリメント演算子」です。
変数のいたインクリメント演算子だから、前置インクリメント演算子ですね。

同じ要領で、変数のろにく書き方(num++)をしたインクリメント演算子は「後置インクリメント演算子」と呼ばれています。

「前置インクリメント演算子」と「後置インクリメント演算子」はセットで覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「前置インクリメント演算子」って単語が出てきたら「変数の前に書いたインクリメント演算子なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク