[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

クリック (click)

pointこの用語のポイント

pointマウスのボタンを押すことだよ

pointボタンが2つある場合は左のボタンを押すことを指している場合が多いよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

クリック (click)とは

マウスのボタンを「ぽちっ」っと押すこと
あるいは

マウスの左のボタンを「ぽちっ」っと押すこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「マウス」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

マウスは「マウスポインタのコントローラ」です。
マウスをぐりぐりすると、画面に映った矢印(マウスポインタ)が連動して動きます。
コンピュータの世界における手の代わりと解釈してください。

クリック

マウスにはボタンが付いています。
最近は3つ以上のボタンが付いているマウスも少なくありませんが、基本は1つか2つです。

取りあえず、上から手をかぶせるようにしてマウスを「ぎゅっ」とつかんでください。
人差し指と中指のところにボタンがあるはずです。

ボタンが1つの場合は人差し指と中指のところに大きめのボタンが1つあります。
ボタンが2つの場合は人差し指と中指のところに別々のボタンが2つあります。

クリック2

以上を踏まえて、マウスにくっついているボタンをポチっと押すのが「クリック」です。

クリック3

あっ!押しっぱなしではダメですよ?
押して離すのでワンセットです。

実際には、あなたがコンピュータの世界の物を動かすことは、できません。
あなたの手は現実世界にありますからね。
画面をポチっと押してもディスプレイに指紋がつくだけです。
※「おまえはタッチパネルを知らないのか?」というツッコミは勘弁してくださいね。

では、どうすればコンピュータの世界の物を操作できるのでしょうか?

それを解決してくれるのがマウスとマウスポインタです。
マウスポインタさんはコンピュータの世界におけるあなたの手の代わりです。
マウスポインタさんはマウスを通して操作します。
マウスのボタンをぽちっと押すと、マウスポインタさんがあなたの代わりにコンピュータの世界上で何かをぽちっと押してくれます。

このときの「押す」動作が「クリック」です。

なお、ボタンが2つ(以上)あるマウスの場合は、左ボタン(右手の人差し指側にあるボタン)を押す動作を意図していることが多いはずです。
例えば「そこのリンクをクリックして」であれば「マウスポインタをリンクの上に重ねてから、マウスの左ボタンを『ぽちっ』っと押してね」の意味になります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「クリック」って単語が出てきたら「マウスのボタンを押すことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク