[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

+=

pointこの用語のポイント

point複合代入演算子だよ

point左辺の値と右辺の値を足し算して結果を左辺に入れるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

+=とは

プログラミングで出てくる演算子の一つで「演算子の左側の値と右側の値を足し算して、その結果を左側に代入してね~」を意味する演算子
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

プログラミングは「プログラムを作ること」ね。
プログラムの元ネタである「ソースコード」を書く作業を指す場合もあります。

+=

ソースコードを書くときに使う言葉は「プログラミング言語」です。
プログラミング言語には、いろいろな種類があります。
それぞれの言語によって書き方は違います。
ですが、基本的な部分の書き方は似ている場合が多いです。

変数」という用語も覚えておいてください。
変数は、プログラミング言語における「値を入れておく箱」です。

+=2

あとは「演算子」の説明もしておきましょう。
演算子は「どんな演算をするか表す記号」です。
「+」「-」「*(×)」「/(÷)」の四則演算の記号をはじめ、なんかいろいろあります。

+=3

最後に「複合代入演算子」の説明です。
複合代入演算子は「計算と代入をまとめて行う演算子」です。
左辺の値と右辺の値を使った計算をして、その結果を左辺に代入するときに使います。

+=4

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、演算子の左側の値と右側の値を使った足し算を行い、その計算結果を左側の変数に代入する複合代入演算子が「+=」です。

+=5

なんか、言葉にすると分かりにくいですね。
実際の例を見ると、すぐに理解できると思います。

例えば

ret += a;

のように書きます。
これは

ret = ret + a;

と書いたのと同じです。
変数「ret」の値と変数「a」の値を足し算して、その結果を変数「ret」に代入します。

これが「+=」の役割です。
「左辺の値と右辺の値を足し算して、結果を左辺に入れる」演算子ですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「+=」って演算子が出てきたら「足し算と代入をまとめて行う演算子なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク