[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

X Window System

pointこの用語のポイント

pointLinuxをWindowsっぽい使い勝手にしてくれるやつだよ

pointキーボードでぺちぺちだけだったのが、マウスでぐりぐりもできるようになるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

X Window Systemとは

本来はキーボードだけでぺちぺち操作するUNIX系のOS(Linuxとか)を、マウスをぐりぐりして操作するWindowsっぽい使い勝手にしてくれるやつ(のひとつ)
です。

image piyo

詳しく書くよ

詳しい人が読んだら怒り出しそうな説明ですけどね。
一言で言えば「LinuxWindowsっぽい使い勝手にしてくれるやつ」が「X Window System」です。

順番に見ていきましょう。

OSは「パソコンさんの人格に相当するソフト」ね。
「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
パソコンさんは、中にOSを入れることによって、パソコンとして動くことができます。

X Window System

パソコンさんの中にWindowsを入れれば「はーい、ボクはWindowsだよー」な人格になりますし、Linuxを入れれば「ヘーイ、ミーはLinuxさー」な人格になります。

X Window System2

このOSの中でも、Linuxとかは「UNIX系」と呼ばれたりします。
UNIXというOSがあるのですが、Linuxはそいつを元にした発展形だからです。

さて、このUNIX系のOSですが、本来はキーボードだけで操作する仕組みになっています。
キーボードを使って、ぺちぺちと命令を入力することで、コンピュータさんにお仕事をさせるのです。

ここで、ちょっと、Windowsを思い浮かべてください。
最近の(と言っても結構昔からですが)Windowsさんは、マウスでぐりぐりすることで操作できますよね。

これは意外と便利です。

文字しか映っていない画面を見ながらキーボードでぺちぺちやるよりは、絵がいろいろ映っている画面を見ながらマウスでぐりぐりした方が、直感的に操作できます。
初心者向けと言えるでしょう。

どうせだったら、UNIX系のOSもマウスでぐりぐりしたいな~。

そう考える人が少なからずいました。

いいでしょう。

やらせてあげましょう。

マウスでぐりぐりさせてあげます。

そのような動機で作られた……わけではないと思いますが、キーボードだけで操作するはずだった(UNIX系のOSの)使い勝手を、マウスでぐりぐりな使い勝手にしてくれる仕組み(のひとつ)が「X Window System」です。

X Window Systemの具体的な仕組みについては、ここでは触れません。
実際の仕組みは結構ややこしいのです。
イメージしやすいように「マウスでぐりぐり」ばかりを強調して書きましたが、他にもいろいろなことをやっています。
興味がある方は、自分で頑張って勉強してください。

と言いますか、このページの説明自体が、かなり大雑把な説明です。
いつも大雑把な説明なのですけどね。
このページは、それに輪をかけて大雑把です。

ある程度きちんと理解する必要がある人は、必ず他のところで情報を補完してください。
このページは、あくまでド素人向けの説明ページです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「X Window System」って単語が出てきたら「Windowsっぽい使い勝手にしてくれるやつなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク