[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

右クリック

pointこの用語のポイント

pointマウスのボタンをポチッと押すよ

point右のボタンを押すよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

右クリックとは

マウスの右のボタンを押すこと
です。
もう少し詳しく書くと

マウスを右手で上から包み込むように握ったと仮定すると、右手の中指のところにあるボタンを押すこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「マウス」と「クリック」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

マウスは「マウスポインタのコントローラ」です。
マウスをぐりぐりすると、画面に映った矢印(マウスポインタ)が連動して動きます。
コンピュータの世界における手の代わりと解釈してください。

右クリック

マウスにはボタンが付いています。
最近は3つ以上のボタンが付いているマウスも少なくありませんが、基本は1つか2つです。

取りあえず、上から手をかぶせるようにしてマウスを「ぎゅっ」とつかんでください。
人差し指と中指のところにボタンがあるはずです。

ボタンが1つの場合は人差し指と中指のところに大きめのボタンが1つあります。
ボタンが2つの場合は人差し指と中指のところに別々のボタンが2つあります。

右クリック2

このマウスにくっついているボタンをポチっと押す動作が「クリック」です。

右クリック3

以上を踏まえて、ボタンが2つ(以上)ついているマウスにおいて、右のボタンをポチっと押す動作が「右クリック」です。
右手でマウスを握っているのであれば、人差し指のところと中指のところにボタンがあるはずです。
その2つのボタンのうち、中指のところにあるボタンを押す行為を指します。

右クリック4

説明を簡略化するために「中指」と書きましたが、実際には薬指で押す人もいます。
最近のマウスは、左のボタンと右のボタンの間にグリグリできるローラーっぽいボタンが付いていることが多いからです。

中指はグリグリの上に乗せておいて、薬指で右ボタンを押す人もいるはずです。
そこら辺は自分のやり方に合わせて、適当に読みかえてください。

ちなみに、右クリックがあるのは、基本的にはWindowsさんのみです。
あとはUNIXLinuxさんのデスクトップっぽい画面(GUI)ですかね。
Macの場合は、マウスのボタンが1つです。
左右の区別がありません。

あと、ついでなので書いておくと、マウスの左のボタン(右手の人差し指のところにあるボタン)を押すのは「左クリック」と言います。

右クリック5

せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「右クリック」って単語が出てきたら「マウスの右のボタンを押すことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク