[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.profile

pointこの用語のポイント

point設定ファイルだよ

pointログインしたときに読み込まれるよ

pointログインシェルがbashのときに読み込まれるよ

point「.bash_profile」と「.bash_login」が無いときに読み込まれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.profileとは

「.bash_login」の補欠。
もう少し真面目に書くと

ログインシェルがbashで、かつ「.bash_profile」と「.bash_login」が無い状態でログインしたときに読み込まれる設定ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

bashは「シェルの種類のひとつで、shをパワーアップしたシェル」ね。

シェルは「人間様からの入力をコンピュータさんに伝えるプログラム」です。

シェルにはいくつかの種類があります。
sh、bash、cshkshtcshzshなどです。

シェルはログイン直後から動き始めます。
ログインしたときに起動するシェルをログインシェルと言います。

ここまでを踏まえて、ログインシェルがbashで、かつ「.bash_profile」という設定ファイルと「.bash_login」という設定ファイルが無い状態でログインしたときに読み込まれる設定ファイルが「.profile」です。

.profile

ログインシェルがbashの状態でログインすると、本来であれば「.bash_profile」という設定ファイルが読み込まれます。

ところがどっこい、この「.bash_profile」が無い場合があるのです。
そんなときは「.bash_profile」の代わりに「.bash_login」が読み込まれます。

ところがどっこい、その「.bash_login」も無い場合があるのです。
そんなときは「.bash_login」の代わりに「.profile」が読み込まれます。

言わば「.profile」は「.bash_login」の補欠みたいなものですね。

なお「.profile」は、環境によって、あったりなかったりします。
ある場合は、ログインした直後のディレクトリホームディレクトリ)にあります。
場所を指定しないで

cd

コマンドを押したときに移動するディレクトリです。

ただし「.profile」は隠しファイルです。
普通に

ls

を実行しても表示されないかもしれません。
「-a」オプションを付けて

ls -a

を実行すれば「.profile」も(あれば)表示されます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.profile」って単語が出てきたら「ログインシェルがbashで.bash_profileと.bash_loginが無い状態でログインしたときに読み込まれる設定ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク