[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

バッファオーバーラン (buffer overrun)

pointこの用語のポイント

point入れ過ぎちゃったよ

point溢れちゃったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

バッファオーバーラン (buffer overrun)とは

「バッファオーバーフロー」のこと。
つまり

「これくらい入れるかな~」と思って確保していた領域よりもたくさん入れちゃって、入りきらなかった状態のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

バッファオーバーフローは「確保していた領域よりもたくさん入れて溢れた状態」ね。

バッファオーバーラン

このバッファオーバーフローの別の呼び名が「バッファオーバーラン」です。

それでは細かい説明を書いていきますが、ここから先の内容は「バッファオーバーフロー」の説明と同じです。
既に「バッファオーバーフロー」の説明をご覧になった人は、ここから先を読んでも意味はないと思います。

プログラミングでは、変数を扱います。
変数は「データを入れておく箱」です。
中にデータ(値)を入れます。

バッファオーバーラン2

この変数ですが、実際にはメモリ上に場所を確保します。
メモリの上に「ここからここまで、この変数が使うから」と値を入れておくための領域を確保するのです。

バッファオーバーラン3

よく分からない方は、花見の場所取りをイメージしてください。
場所を取るために下に敷いたブルーシートが変数です。
その上に座る上司や先輩、花見の参加者が値です。

花見の参加者が多くなると、ブルーシートに座りきれません。
ブルーシートの外にはみ出してしまうでしょう。
そうすると、隣で花見をしている人たちの迷惑になってしまうかもしれませんね。

コンピュータの世界も同じです。

例えば、3文字まで入る変数をメモリ上に確保したとしましょう。

バッファオーバーラン4

そこに4文字以上入れると、入りきらない分が溢れてしまいます。

バッファオーバーラン5

もし隣の領域を他の変数として使っていたらどうでしょう?

バッファオーバーラン6

他の変数の値を書き換えてしまうかもしれませんね。

バッファオーバーラン7

これは本来想定していない事態です。
困ったことになる可能性が高いです。

このように、本来確保していた領域よりも大きい値を入れて溢れちゃった状態がバッファオーバーランです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「バッファオーバーラン」って単語が出てきたら「確保していた領域よりもたくさん入れて溢れたんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク