[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

桁あふれ (overflow)

pointこの用語のポイント

point許容されている値よりも大きい数字を入れようとしたよ

point溢れちゃったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

桁あふれ (overflow)とは

本来の意味の「オーバーフロー」のこと。
つまり

「これより大きい数字は入れられないよ」な限界よりも大きい数字を入れようとしておかしな状態になっちゃうこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

例えば、ここに数字を入れる箱を用意したとしましょう。

桁あふれ

この箱は2桁の数字が入る箱、具体的には0~99までの数字が入る箱です。

桁あふれ2

ところがどっこい、間抜けなピヨ太君が「10×10」の計算結果をこの箱に入れようとしました。

桁あふれ3

「10×10」の計算結果は「100」です。
つまり3桁です。
2桁の数字が入る箱には入りきりません。
案の定、箱に穴が開いて溢れてしまいました。

桁あふれ4

このような状態が「桁あふれ」です。
別名「オーバーフロー」とも言われます。

数値型の変数プログラミング世界における数字を入れておく箱)には最大値があります。
「もう、これより大きい数字は入れられないよ」な限界があるのです。
プログラミング言語の種類によって限界の値は変わりますけどね。
いずれにせよ、何らかの限界はあります。

桁あふれは、その限界よりも大きな値を箱に入れようとしたときに起こる現象です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「桁あふれ」って単語が出てきたら「限界よりも大きい数字を入れちゃったんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク