[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

atd

pointこの用語のポイント

pointデーモンだよ

point指定した時刻に指定したコマンドを実行するよ

point「at」コマンドで指定された内容を実際に実行するやつだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

atdとは

指定された時刻に指定されたコマンドを実行するお仕事をしているデーモンさん
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

at」というコマンドがあります。
「at」コマンドは「指定したコマンドを指定時刻に実行するよう設定するコマンド」です。

デーモン」の説明もしておきましょう。
デーモンは「UNIXOSMacとかLinuxとか)における常駐プログラムの呼び名」です。
Windowsに詳しい方は、Windowsにおける「サービス」がUNIX系OSにおける「デーモン」と解釈してください。

デーモンさんは、メモリ上でお仕事が来るのをぼーっと待っていて、お仕事が来るとささっと実行し、終わるとまた待機状態に戻ります。
休みなんてありゃしない、常に戦闘態勢を維持することが求められているプログラムです。

atd

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて「at」コマンドでスケジューリングされたコマンドを実行するお仕事をしているデーモンさんが「atd」です。

「at」コマンドは「いついつにこのコマンドを実行してね」と「指定」するコマンドです。
指定された内容を実際に実行するやつが必要ですよね?

その指定された内容を実際に実行するやつが「atd」デーモンさんです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「atd」って単語が出てきたら「スケジューリングされたコマンドを実行するデーモンなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク