[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

php.ini

pointこの用語のポイント

pointPHPの設定ファイルだよ

pointPHPのプログラムを動かすためのプログラムの設定が書かれているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

php.iniとは

PHPのプログラムを動かすためのプログラムの設定ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

PHPは、プログラミング言語の一つね。
プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉です。

PHPのプログラムは、実はただのテキストファイル(中身が文字だけのファイル)です。
例えば

<?php
    print "test";
?>


とか書いてあるだけです。
その気になれば、メモ帳でも中身を読んだり変更したりできます。

php.ini

繰り返しになりますが、PHPのプログラムは中身が文字だけです。
それなのに、プログラムとしてのお仕事ができます。

どうしてでしょうね?

実はPHPのプログラム(中身は文字だけ)を動かすためのプログラムがあるのです。

まずは、人間様がPHPのプログラム(中身は文字だけ)を作ります。

php.ini2

次に、PHPのプログラムを動かすためのプログラムが、PHPのプログラム(中身は文字だけ)の中身をふむふむと読んで、内容を理解します。

php.ini3

次に、理解した内容を元にして実際に動くものを作ります。

php.ini4

最後に、出来上がったものを動かします。

php.ini5

これが、PHPのプログラムが動くときの流れです。

例えば、PHPのプログラムに「お湯を沸かす」と書いてあったとしましょう。
これを見たPHPのプログラムを動かすためのプログラムが、お湯を沸かす機械を作ります。
そして、実際にお湯を沸かしてくれるのです。

人間様の目に見えるのは

1.PHPのプログラム(中身は文字だけ)を作る
2.PHPのプログラム(中身は文字だけ)を動かす


でしょう。
「1.」を人間様が行い「2.」をPHPのプログラムを動かすためのプログラムがやっているように見えます。

ところがどっこい、実際には

1.PHPのプログラム(中身は文字だけ)を作る
2.「1.」の内容を元にして実際に動くもの作る
3.「2.」で作った実際に動くものを動かす


の流れです。
「1.」を人間様が行い「2.」と「3.」をPHPのプログラムを動かすためのプログラムがやっています。

なお、PHPのプログラムを動かすためのプログラムの名前は、Windows系の場合は「php.exe」「php-win.exe」「php-cgi.exe」などです。
UNIX系(LinuxとかMacとか)の場合は「php」や「php-cgi」でしょう。

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、PHPのプログラムを動かすためのプログラムの設定ファイルが「php.ini」です。

php.ini6

「php.ini」には、PHPのプログラムを動かすためのプログラムの設定が、あれやこれやと書いてあります。
PHPのプログラムを動かすためのプログラムがPHPのプログラムを「どうやって動くようにするか」「どうやって動かすか」の設定ですね。
例えば「プログラムの部品がどこに置いてあるか」や「動くものを作るときにエラーが起きたらどうするか」などが書いてあります。
具体的な設定項目等については、専門に解説しているところで情報を補完してください。

また「php.ini」のある場所は、OS(コンピュータの人格に相当するソフト)やその他の要因によって異なります。
もし見つからない場合は、適当にファイルの検索をして探してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「php.ini」って単語が出てきたら「PHPの設定ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク