[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

php-cgi.exe

pointこの用語のポイント

pointPHPのプログラムを動かすときに使う実行ファイルだよ

pointホームページっぽく動かすときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

php-cgi.exeとは

PHPで作ったプログラムをホームページっぽく(Webシステムとして)動かすときに使う実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

PHPは、プログラミング言語の一つね。
プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉です。

PHPで作ったプログラムは、大きく2つに分けることができます。

1つはホームページっぽく動くPHPのプログラムです。
いわゆる「Webシステム」と呼ばれるやつですね。

プログラム自体は、Webサーバホームページファイルを置くサーバ)に置きます。
動かし方は普通のホームページを見るときと同じです。
Webブラウザ(ホームページを見るときに使うソフト)を使って、URLという形で指定します。

php-cgi.exe

もう1つは普通のソフトっぽく動くPHPのプログラムです。

PHPのプログラムは、普通にパソコンさんの中に置きます。
動かすときは、コマンドプロンプト(コンピュータに詳しい人が使う黒い画面)から動かすプログラムを指定します。

php-cgi.exe2

PHPに関しては

・プログラムを作るときの言葉である
・PHPのプログラムは2種類ある
・ホームページっぽいやつと普通のソフトっぽいやつがある


というのを覚えておいてください。
ちなみに今回は「ホームページっぽいやつ」が関係してきます。

あとは「実行ファイル」の説明もしておきましょう。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
基本的には、べちべちっ!とダブルクリックするとお仕事を始めます。
拡張子は「.exe」であることが多いです。

php-cgi.exe3

あっ、そうそう。
ついでなので書いておきましょうか。

CGIは「Webサーバ上にあるプログラムを動かすための仕組み」です。
詳細は用語「CGI」の説明をご覧ください。

とはいえ、CGIという用語はここから先の説明では登場しません。
忘れてしまっても結構です。

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、ホームページっぽいPHPのプログラムを動かすときに使う実行ファイルが「php-cgi.exe」です。
いわゆるWindows環境において、Webシステムとして動いているPHPのプログラムは「php-cgi.exe」さんのお世話になっていると思って結構です。

php-cgi.exe4

ちなみに「php-cgi.exe」という実行ファイルはPHP5から登場しました。
PHP4までは「php.exe」が「php-cgi.exe」の役目も果たしています。
2015年10月現在、PHP4を使っている環境はほとんどないと思いますが、余裕があれば、頭の片隅にでも置いておいてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「php-cgi.exe」って単語が出てきたら「PHPのプログラムをWeb上で動かすときに使う実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク