[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

php-win.exe

pointこの用語のポイント

pointPHPのプログラムを動かすときに使う実行ファイルだよ

point普通のソフトっぽく動かすときに使うよ

point実行画面が表示されないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

php-win.exeとは

PHPで作ったプログラムをコマンドプロンプト(コンピュータに詳しい人が使う黒い画面)から動かすときに使う実行ファイルで、実行画面が表示されない版
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「php.exe」の説明と、ほとんど同じです。既に「php.exe」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

まずは予備知識から行きましょう。

コマンドプロンプトは「コンピュータに詳しい人がよく使う、Windowsにくっついている黒い画面」ね。
この黒い画面にコマンド(コンピュータに対する命令)を打ち込むことによって、パソコンさんと意思疎通をすることができます。

php-win.exe

PHPは、プログラミング言語の一つです。
プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉です。

PHPで作ったプログラムは、大きく2つに分けることができます。

1つはホームページっぽく動くPHPのプログラムです。
いわゆる「Webシステム」と呼ばれるやつですね。

プログラム自体は、Webサーバホームページファイルを置くサーバ)に置きます。
動かし方は普通のホームページを見るときと同じです。
Webブラウザ(ホームページを見るときに使うソフト)を使って、URLという形で指定します。

php-win.exe2

もう1つは普通のソフトっぽく動くPHPのプログラムです。

PHPのプログラムは、普通にパソコンさんの中に置きます。
動かすときは、コマンドプロンプト(コンピュータに詳しい人が使う黒い画面)から動かすプログラムを指定します。

php-win.exe3

PHPに関しては

・プログラムを作るときの言葉である
・PHPのプログラムは2種類ある
・ホームページっぽいやつと普通のソフトっぽいやつがある


というのを覚えておいてください。
ちなみに今回は「普通のソフトっぽいやつ」が関係してきます。

あとは「実行ファイル」の説明もしておきましょう。
実行ファイルは「プログラムファイル」です。
基本的には、べちべちっ!とダブルクリックするとお仕事を始めます。
拡張子は「.exe」であることが多いです。

php-win.exe4

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、普通のソフトっぽいPHPのプログラムを動かすときに使う実行ファイルで、実行画面が表示されないやつが「php-win.exe」です。
ポイントは「実行画面が表示されない」です。

同じ役割で実行画面が表示されるやつは「php.exe」と言います。
恐らく「php-win.exe」よりも「php.exe」の方が、馴染みがありますよね。

Windows環境を例に、もう少し詳しく説明します。

「php.exe」の説明をパクってきているから、という大人の事情があるからですが、まずは「php.exe」の説明をさせてください。
そして「php.exe」との違いを説明する形で「php-win.exe」の説明とします。

それでは、はじまりはじまり~。

例えば、以下の内容でPHPのプログラムを作ったとしましょう。

<?php
    print "test";
?>


画面に「test」と表示するだけのプログラムです。

実際のファイルは「C:\test\test01.php」にあるとします。
「C:\」の中にある「test\」の中にある「test01.php」という名前のファイルです。

php-win.exe5

なお「php.exe」は「C:\php\php.exe」にあるとします。
こちらは「C:\」の中にある「php\」の中にある「php.exe」です。

php-win.exe6

「test01.php」を動かすためには、コマンドプロンプト(黒い画面)を起動して、以下のコマンドを実行します。

C:\php\php.exe C:\test\test01.php

この記述は

「C:\」の中の「php\」にある「php.exe」さんよ~。ちょっくら「C:\」の中の「test\」にある「test01.php」を動かしてくんな。

という指示です。
この指示を実行すると「php.exe」さんの手によって「test01.php」が動かされます。

「test01.php」は、画面に「test」と表示するプログラムでした。
画面上に「test」と表示されます。

注意点として、実際の処理の流れは

1.実行画面が表示される
2.実行画面上に「test」と表示する
3.実行画面が消える


です。

今回は黒い画面を開いてから動かしたので見た目の違いはありませんが、実際には

1.黒い画面上で黒い画面(実行画面)が開かれる
2.実行画面上に「test」と表示される
3.実行画面が消える(あとには、最初から開いていた黒い画面が残る)


となっています。

「実行画面を表示する」点を意識しておいてください。
そうしないと「php-win.exe」との違いが分からなくなります。

「php.exe」と「php-win.exe」の役割は、ほとんど同じです。
違いは

実行画面(黒い画面)が表示されるかされないか

だけです。

「php-win.exe」は実行画面が表示されません。
そのため、実行画面に何かを表示する処理などを入れていると、結果が変わってきます。

先ほどの「test01.php」に、もう一度登場してもらいましょう。
「php-win.exe」を使って

C:\php\php-win.exe C:\test\test01.php

を動かすと、画面には「test」と表示されません。

1.実行画面が表示される
2.実行画面上に「test」と表示する
3.実行画面が消える


の「1.」と「3.」が無いからです。
実行画面に「test」と表示したいのですが、実行画面がないので表示できないのです。

「php.exe」を使って実行した場合は実行画面が表示されるのに対し「php-win.exe」を使った場合は実行画面が表示されません。

そのため、普通にプログラムを作って動かしてみるときは「php.exe」を使います。
例えばプログラムからプログラムを呼び出したり、裏でこっそりお仕事をさせたいときは「php-win.exe」を使います。

これが「php.exe」と「php-win.exe」の違いです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「php-win.exe」って単語が出てきたら「実行画面を表示しないでPHPのプログラムを動かすときに使う実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク