[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

httpd.conf

pointこの用語のポイント

pointApacheの設定ファイルだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

httpd.confとは

WebサーバのプログラムであるApacheの設定ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

Webサーバは「ホームページを置いておくサーバサービスを提供する側のコンピュータ)」ね。

あなたがホームページを見るとき、まずWebブラウザさん(ホームページを見るときに使うソフト)からWebサーバさんに「このページをおくれ」とお願いが出されます。

httpd.conf

そのお願いに対して、WebサーバさんはWebブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事をします。
くれと言われたホームページのファイルをあげるのです。

httpd.conf2

Webブラウザさんは、Webサーバさんからもらったファイルを画面に表示します。

httpd.conf3

これが、あなたがホームページを見るときの流れです。

この流れにおいて、ホームページのファイルを「ほれ、そのページだよ」とくれたのがWebサーバさんです。

さて、このWebサーバさんですが、実は普通のコンピュータです。
中身が無ければただの箱です。役立たずです。
その普通のコンピュータの中に、Webサーバとしてのお仕事をするためのソフトが入ることによって、はじめてWebサーバとして活動できます。

httpd.conf4

Webサーバとしてのお仕事をするためのソフトは、いろいろあります。
その中でも全世界的に有名なのが「Apache」です。
ただの箱だったコンピュータにApacheが入ることによって、Webサーバとして活動することができます。

httpd.conf5

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、Apacheの設定ファイルが「httpd.conf」です。

httpd.conf6

「httpd.conf」には、Apacheに関するあれやこれやの設定が書いてあります。
具体的な設定項目等については、専門に解説しているところで情報を補完してください。

また「httpd.conf」のある場所は、OS(コンピュータの人格に相当するソフト)やその他の要因によって異なります。
UNIX系(LinuxとかMacとか)であれば

/etc/httpd/conf/httpd.conf

あたりにあることが多いでしょうか。
見つからなければ

find / -name httpd.conf -print

あたりのコマンドを実行して探してください。

Windows系であれば、Apache関連のファイルが入っているフォルダ配下の「conf」フォルダ内にあるはずです。
もし見つからない場合は、適当にファイルの検索をして探してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「httpd.conf」って単語が出てきたら「Apacheの設定ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク