[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

snmpd

pointこの用語のポイント

pointデーモンだよ

pointSNMPエージェントだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

snmpdとは

Linuxとかにおける常駐プログラム(デーモン)のひとつ
であり

SNMPエージェントとしてのお仕事をしているデーモンさん
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

SNMP
SNMPエージェント
デーモン


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

SNMPは「機器をネットワーク経由で管理するときに使う通信のお約束事」です。

例えば、そうですね。
ここに、ネットワークにつながった機器、ルータがあったとしましょう。

snmpd

このルータをネットワーク越しに監視・管理したいです。

そんなときはまず、監視・管理したい機器、この場合はルータさんに監視員を派遣します。
実際には、ルータさんの中にあらかじめ監視員さんが入っていてそいつを叩き起こすだけですが、気にしないでください。
とにかく、監視員にルータを見張らせるのです。

snmpd2

一方で、その監視員さんを取りまとめる管理者さんもいます。
管理者は、監視員さんが見張っている機器とネットワークでつながったどこかのコンピュータにいます。
ふんぞり返って、下っ端からの報告を待っているのです。

snmpd3

監視員さんはルータさんを見張ります。
そして、定期的に監視結果を管理者さんに連絡します。
異常な~し」とか「大変です!息をしていません!」とかですね。

snmpd4

逆に管理者さんから監視員さんに指示が来ることもあります。
「最近サボり気味だから尻を叩け!」とか「取りあえず人工呼吸をしろ!」とかですね。

snmpd5

このように、実際に機器のそばであれこれする監視員さんと、本部でデーンと構えてて監視員さんからの報告に対してあれこれする管理者さんが連携することによって、機器をネットワーク経由で管理するやり方があるのです。

snmpd6

このときの監視員さんと管理者さんがやり取りするときに使うお約束事がSNMPです。

監視員さんと管理者さんは、実際にはソフトプログラム)です。
監視員さんソフトは「SNMPエージェント」と呼ばれています。
管理者さんソフトは「SNMPマネージャ」です。

snmpd7

まずは

・SNMPエージェント:監視員さん(実際に機器を監視する奴)
・SNMPマネージャ:管理者さん(監視員さんからの報告を受けてあーだこーだする奴)
・SNMP:監視員さんと管理者さんの間で意志疎通するためのルール


というのを覚えておいてください。

あとは「デーモン」の説明もしておきましょう。
デーモンは「UNIXOSMacとかLinuxとか)における常駐プログラムの呼び名」です。
Windowsに詳しい方は、Windowsにおける「サービス」がUNIX系OSにおける「デーモン」と解釈してください。

デーモンさんは、メモリ上でお仕事が来るのをぼーっと待っていて、お仕事が来るとささっと実行し、終わるとまた待機状態に戻ります。
休みなんてありゃしない、常に戦闘態勢を維持することが求められているプログラムです。

snmpd8

以上が予備知識……と言うには長すぎる気もしますが、予備知識です。

ここまでを踏まえて、SNMPエージェントとしてのお仕事をしているデーモンさんが「snmpd」です。
とあるSNMPエージェントのソフトを入れて動かすと、snmpdさんが登場します。

ちなみに「snmp」+「d」で「snmpd」ね。
「d」は「デーモン(daemon)」が元です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「snmpd」って単語が出てきたら「SNMPエージェントのデーモンなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク