[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

NSD【DNS】

pointこの用語のポイント

pointDNSサーバのプログラムだよ

point権威DNSサーバ(DNSコンテンツサーバ)としてのお仕事をするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

NSD【DNS】とは

権威DNSサーバ(DNSコンテンツサーバ)としてのお仕事をするDNSサーバのプログラム
です。

image piyo

詳しく書くよ

分かっている人にとっては遠回りですが、順番に見ていきましょう。
「そんなの知ってるよ」な人は、適当に読み飛ばしてください。

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」ね。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。
「198.51.100.10」のような形式になっています。

NSD

ドメイン名は人間様向けのネットワーク上の住所です。
「i-3-i.info」のような形式になっています。

NSD2

普通のコンピュータさんはIPアドレスしか分かりません。
ドメイン名を見せられても「う~ん、どこの住所だろう」と困ってしまいます。

NSD3

一方、人間様はIPアドレスがピンときません。
例えば「198.51.100.1」と「198.51.100.10」と「198.51.100.11」の違いなんて、パッと見で分かりませんよね。
うっかりミスも増えそうです。

NSD4

そのため、コンピュータさんはコンピュータさんが分かりやすい形式の住所(IPアドレス)、人間様は人間様が分かりやすい形式の住所(ドメイン名)を扱える仕組みがあります。
具体的には、事前にIPアドレスとドメイン名の対応付けを行っておいて、必要に応じて変換するのです。

NSD5

このIPアドレスとドメイン名の対応付けを行い、かつ必要に応じて変換してくれる仕組みを「DNS」と言います。
そして、この変換をお仕事としているコンピュータは「DNSサーバ」と呼ばれています。

NSD6

さて、このDNSサーバさんですが、大きく分けて二種類あります。

一つは、どんな手を使おうとも問い合わせに答えるのがお仕事のDNSサーバさんです。
問い合わせがあると、答えを知っていそうなDNSサーバさんに「ねーねー。こんな問い合わせが来たんだけど、答え教えてよ」と訊きに行きます。言わばカンニング野郎です。
この「カンニング野郎なDNSサーバ」を「フルサービスリゾルバ」や「DNSキャッシュサーバ」と言います。

NSD7

もう一つは、自分の管理している情報を教えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんです。
自分の中にIPアドレスとドメイン名の対応表を持っていて、問い合わせに対して「あー、そのIPアドレスはこのドメイン名だね~」「そのIPアドレスはこのドメイン名だよ~」と答えてあげます。対応表に載っていなければ「知らないな~」と答えます。
この「自分の管理している情報を教えてあげるのがお仕事のDNSサーバ」は「権威DNSサーバ」や「DNSコンテンツサーバ」と呼ばれています。

NSD8

また、一言で「DNSサーバ」と言っても、物質的には普通のコンピュータです。中身が無ければただの箱です。役立たずです。
そのコンピュータの中に、DNSのお仕事をするソフトプログラム)が入ることによって、はじめてDNSサーバとして活動できます。

NSD9

先ほど、DNSサーバには「フルサービスリゾルバ(DNSキャッシュサーバ)」と「権威DNSサーバ(DNSコンテンツサーバ)」の二種類あると書きました。
それが意味するところは、DNSのお仕事をするソフトも二種類あるということです。

まとめて「DNSサーバのソフト」と言う場合も少なくないですが、実際には

入れるとフルサービスリゾルバ(DNSキャッシュサーバ)になるソフト



入れると権威DNSサーバ(DNSコンテンツサーバ)になるソフト

の二種類があります。

お待たせいたしました。
いよいよ本題です。

この二種類のソフトのうち、入れると権威DNSサーバ(DNSコンテンツサーバ)になるソフト(の一つ)が「NSD」です。
コンピュータにNSDを突っ込むと、そのコンピュータは権威DNSサーバ(DNSコンテンツサーバ)としてのお仕事ができるようになります。

ものすごい簡単ですが、以上でNSDの説明は終わりです。
具体的な設定方法などは、専門に解説しているところで情報を補完してください。

あっ、そうそう。

せっかくなので「BIND」にも触れておきましょう。
BINDは「全世界的に普及しているDNSサーバのプログラム」です。
2015年10月現在、「DNSサーバのプログラムと言えばBIND」と言っても過言ではないくらい、全世界的に普及しています。

実はBINDさんは、単に「DNSサーバのプログラム」と言われることが多いです。
フルサービスリゾルバ(DNSキャッシュサーバ)がどーたらとか、権威DNSサーバ(DNSコンテンツサーバ)がこーたらとか、設定の話以外ではあまり語られません。

これはBINDさんが、どちらもできるからです。
設定によって、フルサービスリゾルバ(DNSキャッシュサーバ)のお仕事もできますし、権威DNSサーバ(DNSコンテンツサーバ)のお仕事もできます。

余裕がある方は

・DNSサーバは二種類ある
・DNSサーバとしてのソフトも二種類ある
・BINDのように、両方できるソフトもある


を覚えてあげてください。
特に「二種類あるけど両方できるやつもいる」というのは大事です。
そこを押さえておかないと、DNSサーバのソフト同士を比較するときに混乱するかもしれません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「NSD」って単語が出てきたら「権威DNSサーバ(DNSコンテンツサーバ)のプログラムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク