[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

named

pointこの用語のポイント

pointデーモンだよ

pointDNSサーバだよ

pointBINDだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

namedとは

Linuxとかにおける常駐プログラム(デーモン)のひとつ
であり

DNSサーバとしてのお仕事をしているデーモンさん
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

IPアドレス
ドメイン名
DNS
DNSサーバ
BIND
デーモン


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」です。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。
「198.51.100.10」のような形式になっています。

named

ドメイン名は人間様向けのネットワーク上の住所です。
「i-3-i.info」のような形式になっています。

named2

普通のコンピュータさんはIPアドレスしか分かりません。
ドメイン名を見せられても「う~ん、どこの住所だろう」と困ってしまいます。

named3

一方、人間様はIPアドレスがピンときません。
例えば「198.51.100.1」と「198.51.100.10」と「198.51.100.11」の違いなんて、パッと見で分かりませんよね。
うっかりミスも増えそうです。

named4

そのため、コンピュータさんはコンピュータさんが分かりやすい形式の住所(IPアドレス)、人間様は人間様が分かりやすい形式の住所(ドメイン名)を扱えるような仕組みがあります。
具体的には、事前にIPアドレスとドメイン名の対応付けを行っておいて、必要に応じて変換するのです。
named5

このIPアドレスとドメイン名の対応付けを行い、かつ必要に応じて変換してくれる仕組みを「DNS」と言います。
そして、この変換をお仕事としているコンピュータは「DNSサーバ」と呼ばれています。

named6

一言で「DNSサーバ」と言っても、物質的には普通のコンピュータです。
中身が無ければただの箱です。役立たずです。
ただの箱のコンピュータの中に、DNSのお仕事をするプログラムが入ることによって、はじめてDNSサーバとして活動できます。
このDNSサーバをDNSサーバたらしめているプログラム(の中のひとつ)がBINDです。

named7

2017年6月時点では「DNSサーバのプログラムと言えばBIND」と言っても過言ではないくらい全世界的に普及しています。
そのせいか「DNSサーバ構築(BIND)」や「DNS(BIND)の設定」といった表記も、よく見かけます。

まずは

・DNSサーバはIPアドレスとドメイン名の変換をしてくれるコンピュータ
・普通のコンピュータに専用のソフトを入れるとDNSサーバになる
・専用のソフトとして有名なのは「BIND」


というのを覚えておいてください。

あとは「デーモン」の説明もしておきましょう。
デーモンは「UNIXOSMacとかLinuxとか)における常駐プログラムの呼び名」です。
Windowsに詳しい方は、Windowsにおける「サービス」がUNIX系OSにおける「デーモン」と解釈してください。

デーモンさんは、メモリ上でお仕事が来るのをぼーっと待っていて、お仕事が来るとささっと実行し、終わるとまた待機状態に戻ります。
休みなんてありゃしない、常に戦闘態勢を維持することが求められているプログラムです。

named8

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、DNSサーバとしてのお仕事をしているBINDのデーモンさんが「named(ネームディー)」です。
普通のコンピュータをDNSサーバに変身させるソフトの本体ですね。

ちなみに、namedは「name」+「d」です。
「name」は「名前(name)」で「d」は「デーモン(daemon)」が元です。
IPアドレスとドメイン名の変換を専門用語で「名前解決」と言います。
そこから取ったのでしょう。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「named」って単語が出てきたら「DNSサーバのデーモンなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク