[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

mysqld

pointこの用語のポイント

pointデーモンだよ

pointMySQLだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

mysqldとは

Linuxとかにおける常駐プログラム(デーモン)のひとつ
であり

MySQLとしてのお仕事をしているデーモンさん
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

データベースは「データを入れておく箱」ね。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

mysqld

MySQLは「Webシステム(インターネットを使うシステム)で、よく使われるデータベース」です。

mysqld2

正確には「データベースマネージメントシステム(DBMS)」と呼ばれるやつですが、気にしなくて結構です。
歴戦のプロたちも「今回はデータベースにMySQLを使います」とか普通に言います。
深く考えずに「MySQL=データベース」と解釈してください。

あとは「デーモン」の説明もしておきましょう。
デーモンは「UNIXOSMacとかLinuxとか)における常駐プログラムの呼び名」です。
Windowsに詳しい方は、Windowsにおける「サービス」がUNIX系OSにおける「デーモン」と解釈してください。

デーモンさんは、メモリ上でお仕事が来るのをぼーっと待っていて、お仕事が来るとささっと実行し、終わるとまた待機状態に戻ります。
休みなんてありゃしない、常に戦闘態勢を維持することが求められているプログラムです。

mysqld3

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、MySQLとしてのお仕事をしているデーモンさんが「mysqld」です。

データベースはデータをしまっておく箱です。
ただの箱なのです。

mysqld4

使う人は、その箱にデータを投げ入れたり、逆に箱からデータを引っ張り出したりします。

mysqld5

ただし、使う人自身が直接箱の中身を漁っているわけではありません。

mysqld6

使う人は「ちょっと、このデータをしまっておいてよ」や「こんな条件でデータを取り出してよ」と指示を出しているだけです。

mysqld7

その指示を受け付けて、指示の通りにあれやこれやとやって、結果を返してやる代理プログラムがいます。

mysqld8

MySQLにおける代理プログラムがmysqldさんです。

mysqld9

少し話がそれますが、データを入れておく箱が「データベース」です。
データを入れておく箱とそれを管理している代理プログラムを一緒くたにしたものが「データベースマネージメントシステム」です。

上の方で「MySQL=データベース」と解釈してくださいと書きました。
それは話を単純化するためです。
実際には、MySQLはデータベースマネージメントシステムです。

そして、MySQLというデータベースマネージメントシステムにおいて、データを入れておく箱を管理している代理プログラムがmysqldです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「mysqld」って単語が出てきたら「MySQLのデーモンなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク