[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

xntpd

pointこの用語のポイント

pointデーモンだよ

point時刻合わせに関するお仕事をしているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

xntpdとは

コンピュータの時刻合わせに関するお仕事をしているデーモンさん
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

NTPは「ネットワーク経由で時刻合わせをするときに使うお約束事」ね。

パソコンさんは、中に時計が付いています。

xntpd

パソコンさんの中の時計は、(設定にもよりますが)定期的に時刻合わせをしています。

どうやって?

パソコンさんの世界の時報サービスを使います。

ネットワークを経由して、時報サービスを提供しているサーバNTPサーバ)に「今、何時よ?」とお問い合わせをするのです。

xntpd2

そうすると時報サービスサーバから「今は○時だよ~」とお返事が返ってきます。

xntpd3

そのお返事を元に、パソコンさんは時刻合わせをしているのです。

xntpd4

これでパソコンさんも正確な時刻を刻み続けることができます。
めでたしめでたし。

この一連の流れで使っているお約束事がNTPです。

あとは「デーモン」の説明もしておきましょう。
デーモンは「UNIXOSMacとかLinuxとか)における常駐プログラムの呼び名」です。
Windowsに詳しい方は、Windowsにおける「サービス」がUNIX系OSにおける「デーモン」と解釈してください。

デーモンさんは、メモリ上でお仕事が来るのをぼーっと待っていて、お仕事が来るとささっと実行し、終わるとまた待機状態に戻ります。
休みなんてありゃしない、常に戦闘態勢を維持することが求められているプログラムです。

xntpd5

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、NTPを使った時刻合わせ関連のお仕事をしているデーモンさんが「xntpd」です。

先ほどのntpの説明で、パソコンは時報サービスを提供しているサーバに「今、何時よ?」と問い合わせました。

xntpd6

時報サービスサーバは「今は○時だよ~」とお返事しました。

xntpd7

そして、時報サービスサーバからの返事を元に、パソコンさんは時刻合わせをしました。

xntpd8

このやり取りを実際に行っているプログラムがxntpdです。

「今、何時よ?」と問い合わせて、返ってきた答えを元に時刻合わせをするお仕事

をやっているやつと

「今、何時よ?」という問い合わせに対して「今は○時だよ~」と返事するお仕事

をやっているやつですね。

ただし、必ずしも両方のお仕事をやるとは限りません。
どちらか片方の仕事しかやらないxntpdさんもいます。
すべてはxntpdの設定次第です。

以上がxntpdの説明です。

ちなみに、このページの説明は「ntpd」の説明とほとんど同じです。
えぇ、コピペしていますとも。

これは別に、私がズルして用語数稼ぎをしたかったからではありません。
単純に、役割が同じだからです。

ntpdも、xntpdも、役割は同じです。
「時刻合わせに関するお仕事をする」です。

もちろん、それぞれ個性はありますけどね。
一口に「Webブラウザホームページを見るときに使うソフト)」と言っても、IEやFirefox、Google Chrome、Safariなど、いろいろあるのと同じです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「xntpd」って単語が出てきたら「時刻合わせ関連のデーモンなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク