[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

proftpd

pointこの用語のポイント

pointデーモンだよ

pointFTPで接続される方のお仕事をしているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

proftpdとは

Linuxとかにおける常駐プログラム(デーモン)のひとつ
であり

FTPで接続されるのを待ち受けて、接続してきたらその相手をしてやるのがお仕事のデーモンさん
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

FTPは「インターネットの線を使ってファイル送受信する仕組み(のひとつ)」ね。
ネットワーク経由でファイルを送受信する際のメジャーなやり方です。

もう少し正確に書くと、ファイルを送受信する際の決まりごとですけどね。
そこら辺は、ゆるく捉えてください。
「ファイルを受け渡しするときに使うんだなー」程度の理解でも構いません。

proftpd

FTPでやり取りする際に「ねーねー。FTPでやり取りしようぜー」と提案する側のコンピュータやソフトは「FTPクライアント」と言います。
いわゆる「FTPで接続する方」です。

proftpd2

それに対して「仕方ないなー。相手をしてやるか」と受け入れる側のコンピュータは「FTPサーバ」と言います。
こちらは「FTPで接続される方」です。
「FTPの接続先」と表現しても良いでしょうね。

proftpd3

FTPサーバになるためには「FTPでかかってこい!」な準備を整えておく必要があります。
準備が整っていないコンピュータに対して「FTPでやり取りしようぜー!」と言っても、やり取りできません。
無視されてしまいます。

FTPサーバとして動くためには、FTPサーバ用のソフトを入れて、動かしておく必要がある

というのを覚えておいてください。
これが今回のポイントです。

あとは「デーモン」の説明もしておきましょう。
デーモンは「UNIXOSMacとかLinuxとか)における常駐プログラムの呼び名」です。
Windowsに詳しい方は、Windowsにおける「サービス」がUNIX系OSにおける「デーモン」と解釈してください。

デーモンさんは、メモリ上でお仕事が来るのをぼーっと待っていて、お仕事が来るとささっと実行し、終わるとまた待機状態に戻ります。
休みなんてありゃしない、常に戦闘態勢を維持することが求められているプログラムです。

proftpd4

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、FTPによる接続を待ち受ける仕事をしているデーモンさん(の1つ)が「proftpd」です。

先ほど

FTPサーバとして動くためには、FTPサーバ用のソフトを入れて、動かしておく必要がある

と書きました。
この「FTPサーバ用のソフト」として動いているデーモンさんがproftpdです。

proftpdさんは普段「誰か接続して来ないかな~」と入口を眺めながら、ぼーっとしています。

proftpd5

おっと、誰かが「こんにちはー、FTPでファイルを送っても良いっすかね?」とやってきました。

proftpd6

そうしたら「へい、らっしゃい!俺が対応するぜ!」と、FTPで接続してきた人の相手をします。

proftpd7

これがproftpdさんのお仕事です。

ちなみに、このページの説明は「ftpd」や「wu-ftpd」、「vsftpd」の説明とほとんど同じです。
えぇ、コピペしていますとも。

これは別に、私がズルして用語数稼ぎをしたかったからではありません。
単純に、役割は全部同じだからです。

ftpdも、wu-ftpdも、vsftpdも、もちろんproftpdも、あるいは、その他の○○ftpdも、役割はすべて同じです。
「FTPで接続されるのを待ち受けて、接続してきたらその相手をしてやる」です。

もちろん、それぞれ個性はありますけどね。
一口に「Webブラウザホームページを見るときに使うソフト)」と言っても、IEFirefoxGoogle ChromeSafariなど、いろいろあるのと同じです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「proftpd」って単語が出てきたら「FTP接続を待ち受けているデーモンなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク