[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

crond

pointこの用語のポイント

pointデーモンだよ

pointcronだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

crondとは

Linuxとかにおける常駐プログラム(デーモン)のひとつ
であり

cronとしてのお仕事をしているデーモンさん
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

cronは「指示した時間に指定したプログラムを動かしてくれるやつ」ね。
UNIXOSMacとかLinuxとか)に住んでいるプログラムで、事前に「いついつになったらこのプログラムを動かしてね」と指示しておくと、その通りにやってくれるやつです。

crond

デーモン」の説明もしておきましょう。
デーモンは「UNIX系OS(MacとかLinuxとか)における常駐プログラムの呼び名」です。
Windowsに詳しい方は、Windowsにおける「サービス」がUNIX系OSにおける「デーモン」と解釈してください。

デーモンさんは、メモリ上でお仕事が来るのをぼーっと待っていて、お仕事が来るとささっと実行し、終わるとまた待機状態に戻ります。
休みなんてありゃしない、常に戦闘態勢を維持することが求められているプログラムです。

crond2

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、cronとしてのお仕事をしているデーモンさんが「crond」です。
名前が似ていて紛らわしいですが、「cron」が機能の名前で「crond」がプログラムの名前と解釈すると、分かりやすいのではないでしょうか。

crondさんは「いついつになったら、このプログラムを動かしてね」と書かれたカンペを持っています。
そのカンペに従って、指定された時間に指定されたプログラムに対して「おーい、時間だよ~。お仕事してよ~」と指示を出すのがお仕事です。

ちなみに「いついつになったら、このプログラムを動かしてね」と書かれたカンペは「crontab」というコマンドを使って中身を編集することができます。
余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「crond」って単語が出てきたら「cronのデーモンなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク