[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

CGM

pointこの用語のポイント

pointメディアだよ

point一般の人たちが内容を充実させていくよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

CGMとは

「価格.c○m」とか「食べ□グ」とかのこと。
もう少し教科書的に書くと

一般の消費者たちがあーだこーだと情報を提供することで内容が充実していくメディア
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「読者参加型のメディア」をカッコつけて言ったのが「CGM」です。
Consumer Generated Media(コンシューマー・ジェネレーティド・メディア)」の略で「CGM」です。
別に覚える必要がありませんけどね。

例えば、今あなたが見ている「わわわIT用語辞典」ですが、これはCGMではありません。
書いているのは全部ピヨ太君です。

CGM

とはいえですね。

実は「わわわIT用語辞典」を運営するのは結構大変なのです。
新しい用語の説明を書くのも楽ではありません。

そこで、ピヨ太君は「わわわIT用語辞典」を改造しました。
訪問者の方々も用語の意味を書いたり、あるいは内容を修正できるようにしたのです。
これでピヨ太君がお昼寝している間も、勝手に情報は充実していくことでしょう。

CGM2

改造によって「わわわIT用語辞典」は読者参加型になりました。
コンテンツを作るのは、見てくれている人たちです。
「わわわIT用語辞典」はCGMであると言えるようになりました。

このように運営者ではなく参加者がえっちらおっちらと内容を充実させることによって成り立っているメディアがCGMです。
一般的には、ブログSNS、口コミサイト、Q&Aサイト、読者参加型の相談サイトなどがCGMに分類されます。

ちなみに「ブログもCGMなの?」と感じる人もいるかと思います。
大きく見ると、ブログはレンタルサービスです。
ホームページもどきを簡単に作れる仕組みを貸し出すのが、サービス提供者の仕事です。
中身を充実させるのは借りている参加者(ブログ運営者=ブログサービスの消費者)たちなので、CGM呼ばわりされているのでしょう。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「CGM」って単語が出てきたら「使う人たちで中身を充実させていく情報発信場所なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク