[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

N/A

pointこの用語のポイント

point「該当なし」の意味だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

N/Aとは

「該当なし」を表す表現
です。

image piyo

詳しく書くよ

ある日のことです。
ピヨ太君は、アクマ君から究極の選択を迫られました。

「今日のお昼だけどよ~。ウンコ味のカレーを食べに行く?それとも、カレー味のウンコを食べに行く?」と訊かれたのです。

ぶっちゃけ、どっちも食べたくありません。

N/A

コンピュータの世界でも同じようなことは起こります。
選択肢の中に、該当するものがない状況です。

そんなときに「該当するものがないよ~!」を表す表現として使われるのが「N/A」です。

Not Applicable(ノット・アプリカブル)」や「Not Available(ノット・アヴェイラブル)」の省略表現で「N/A」みたいですね。
コンピュータの世界だけではなく、ビジネスの世界でも、ちょっと気取った人たちによって使われているようです。

せっかくなので、実際の例を見てみましょう。

Excelを持っている人は、Excelを開いてA1セルに

=VLOOKUP("ピヨ太",Y1:Z2,2)

入力してみてください。
そうすると

#N/A

と表示されるはずです。

=VLOOKUP("ピヨ太",Y1:Z2,2)



Y1セルかY2セルに「ピヨ太」って文字があったら、その隣(Z1 or Z2)セルの内容を表示しておくれ

という指示です。

Y1セルにもY2セルにも「ピヨ太」という文字はないので

ピヨ太なんて文字なかったわ。該当な~し

という意味で

#N/A

と表示されます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「N/A」って単語が出てきたら「該当するものがないんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク