[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

シングル (single)

pointこの用語のポイント

point1つだよ

pointもしくは「単精度浮動小数点型」を表すデータ型だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

シングル (single)とは

「1つ」の意味。
もしくは

「単精度浮動小数点型」を表すデータ型
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは「1つ」の意味のシングルから説明します。

何かが1つしかなければ「シングル」です。

シングル

例えば、シングルプロセッサは「1つのプロセッサ」の意味です。
コンピュータさんの中にCPU(脳みそ)が1つだけある状態を指します。
登場するCPUは1つです。

シングル2

他にも、いろいろな「シングル○○」があります。

「シングル○○」という用語が出てきたら「1つだけの○○」と読み替えてみてください。
それで何となくの意味は掴めると思います。

これが前者の意味のシングルです。
「1つ」の意味ね。

次に「単精度浮動小数点型」を意味するシングルについて説明します。
こちらのシングルは、きちんと理解しようとすると、意外と面倒くさいです。
順番に見ていきましょう。

まず、変数は「プログラミング言語における『値を入れておく箱』」です。
処理の途中で値を入れたり、逆に取り出したりできます。
数学で出てくる変数(xとかyとか)と考え方は一緒です。

シングル3

「この箱(変数)には、どんな種類の物を入れて良いですよ」な決まりは「変数の型」や「データ型」と言います。

シングル4

例えば、そうですね。
手ごろな大きさのダンボール箱があったとしましょう。

シングル5

ピヨ太君がやってきて、その箱にマジックで大きく「食べ物用」と書きました。

シングル6

「食べ物用」と書いたので、このダンボールに入れて良いのは食べ物だけです。
食べ物以外を入れようとすると、ピヨ太君に、めっちゃ怒られます。

シングル7

この話におけるダンボール箱が「変数」です。
マジックで書いた「食べ物用」が「変数の型」になります。

シングル8

変数の型には、いろいろな種類があります。
数字を入れられる箱、文字を入れられる箱、文字列を入れられる箱、いろいろです。

その、いろいろある変数の型のひとつで「この箱には(有効桁数の大きくない)小数を入れて良いですよ」な決まりが「単精度浮動小数点型」です。

ダンボール箱にマジックで「小数用」と書くイメージですね。
マジックで「小数用」と書かれたダンボール箱は「単精度浮動小数点型の変数」と呼ばれます。

シングル9

単精度浮動小数点型の変数に入れられるのは、小数だけです。
それ以外を入れようとすると、コンピュータさんに怒られます。

シングル10

なお、浮動小数点は「数字を仮数、基数、指数の要素で表現するやり方」であり「仮数部と指数部のみを記憶しておくやり方」です。
浮動小数点の詳細については、用語「浮動小数点」の説明をご覧ください。

シングル11

また、単精度浮動小数点型の仲間に「倍精度浮動小数点型」という型があります。
単精度浮動小数点型と倍精度浮動小数点型の違いは、箱の大きさです。

シングル12

倍精度浮動小数点型の方が箱が大きいのです。
より有効桁数の大きい数字を入れられます。

シングル13

いくらか話が脱線しましたが、これが単精度浮動小数点型の説明です。

それを踏まえて、一部のプログラミング言語で採用されている単精度浮動小数点型の呼び方が「シングル」です。

プログラミング言語によっては「Single型」という変数の型があります。
Single型には単精度浮動小数点型の値が入ります。
このSingle型を意図して「シングル」と呼んでいるのでしょう。

これが後者の意味のシングルです。
「単精度浮動小数点型」を表すデータ型ね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「シングル」って単語が出てきたら「1つしかないんだな~、もしくは小数が入るデータ型なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク