[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

telnet.exe

pointこの用語のポイント

point実行ファイルだよ

pointtelnetを起動するときに使うよ

point私の環境では「%systemroot%\system32\telnet.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

telnet.exeとは

telnetを起動するときに使う実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

telnet.exe

コマンドプロンプト」も覚えてあげてください。
コマンドプロンプトは「コンピュータに詳しい人がよく使う、Windowsにくっついている黒い画面」です。
この黒い画面にコマンド(コンピュータに対する命令)を打ち込むことによって、パソコンさんと意思疎通をすることができます。

telnet.exe2

あとは、telnetにも触れておきましょう。
telnetは「ネットワークを経由して他のコンピュータ(主にサーバ)に接続し、遠隔操作するための仕組み」です。
他のコンピュータを操作するときに使います。

telnet.exe3

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、telnetを起動するときに使う実行ファイルが「telnet.exe」です。

「telnet.exe」は、私の環境(Windows 7の64bit版)では以下の場所にありました。

%systemroot%\system32\telnet.exe

このファイルをべちべちっ!とダブルクリックすると、telnetの画面が表示されます。
あとは接続先や接続する際のIDパスワードを入力することによって、他のコンピュータを遠隔操作することができます。

なお、「telnet.exe」は「telnet」コマンドの本体です。
コマンドプロンプト(黒い画面)上で

telnet.exe

と入力しても

%systemroot%\system32\telnet.exe

と入力しても、あるいは

telnet

と入力しても、すべて同じ結果になります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「telnet.exe」って単語が出てきたら「telnetを起動するときに使う実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク