[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DisplaySwitch.exe

pointこの用語のポイント

pointディスプレイの表示を切り替えるときに使うよ

point私の環境では「%systemroot%\system32\DisplaySwitch.exe」にあったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DisplaySwitch.exeとは

画面を複製したり拡張したり、ディスプレイの表示を切り替えるときに使う実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

DisplaySwitch.exe

あとは、パソコンディスプレイの関係も覚えておいてください。

ここに一台のノートパソコンがあったとしましょう。

DisplaySwitch.exe2

ノートパソコンにディスプレイをくっつけました。

DisplaySwitch.exe3

最初の状態は、ノートパソコンの画面は映っているけど、ディスプレイの画面には何も映っていない状態です。

DisplaySwitch.exe4

ここでノートパソコンの設定を変えます。
そうすると、ノートパソコンの画面に映っている内容と同じ内容を、ディスプレイの画面に映すことができます。
いわゆる「複製」と呼ばれる行為です。

DisplaySwitch.exe5

さらにノートパソコンの設定を変えてみましょう。
そうすると、ノートパソコンの画面とディスプレイの画面の2つが、あたかもつながっているかのように映すことができます。
いわゆる「拡張」と呼ばれる行為です。

DisplaySwitch.exe6

あるいは、最初の状態と逆にすることも可能です。
ノートパソコンの画面には何も映っていないけど、ディスプレイの画面は映っている状態にすることもできます。

DisplaySwitch.exe7

ノートパソコンの設定を変えることで、ディスプレイの表示を切り替えることができるのです。

以上が予備知識です。

ここまでを踏まえて、ディスプレイの表示を切り替えるときに使う実行ファイルが「DisplaySwitch.exe」です。

「DisplaySwitch.exe」は、私の環境(Windows 7の64bit版)では以下の場所にありました。

%systemroot%\system32\DisplaySwitch.exe

このファイルをべちべちっ!とダブルクリックすると、例えば以下のような小画面表示されます。

DisplaySwitch.exe8

この小画面上で矢印キーを使って選択内容を変えることによって、ディスプレイの表示を切り替えることができるのです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DisplaySwitch.exe」って単語が出てきたら「ディスプレイの表示を切り替えるときに使う実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク