[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

InterVideo WinDVD

pointこの用語のポイント

pointDVDの再生ソフトだよ

point「InterVideo」という会社さんの作った「WinDVD」というソフトだよ

pointCorelって会社さんがInterVideoを買収したから、2015年10月現在は「Corel WinDVD」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

InterVideo WinDVDとは

InterVideoっていう会社さんの作ったDVDの再生ソフト
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「Corel WinDVD」「WinDVD」の説明と、ほとんど同じです。既にそれらの用語の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

まずは予備知識から行きましょう。

DVDは「CDよりもたくさんのデータを入れられるようになった、円盤の形をしている記憶媒体(データを記録しておく物)」ね。
投げるとCDよりもよく飛びます。

InterVideo WinDVD

もちろん冗談です。

InterVideo WinDVD2

CDよりもデータがたくさん入るのがDVDです。

InterVideo WinDVD3

さて、このDVDですが、中を見るためには専用のソフトが必要です。
いわゆる「再生ソフト」ってやつですね。

世の中には、DVDの再生ソフトがいろいろあります。
その、いろいろある中の一つが「InterVideo WinDVD」です。

正確には「InterVideo」という会社さんが作った「WinDVD」というソフトですが「InterVideo PowerDVD」とつなげて表記されることも多いです。

ちょっとややこしいことに、InterVideoはCorelという会社に買収されました。
よって「InterVideo PowerDVD」は「Corel WinDVD」になってしまったのです。
どっちかがどっちかをパクったわけではありません。
中身は同じものです。

機能等の詳細については、ソフトの公式ホームページをご覧ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「InterVideo WinDVD」って単語が出てきたら「DVDの再生ソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク